PHP 5.6.0beta1 released

ソケットコンテキストオプション

ソケットコンテキストオプションソケットコンテキストオプション一覧

説明

ここでは、ソケット越しに動作するラッパー すなわち tcphttp あるいは ftp でサポートされるオプションを扱います。

オプション

bindto

PHP がネットワークにアクセスする際の IP アドレス (IPv4 あるいは IPv6 のどちらか)やポート番号を指定する際に使用されます。 書式は、IPv4 アドレスの場合は ip:port、 IPv6 アドレスの場合は [ip]:port です。 IP やポート番号に 0 を指定すると、それをシステムに自動的に設定させる ことができます。

注意:

FTP の通常の操作では 2 つのソケット接続を使用するので、 このオプションでポート番号を指定することができません。

backlog

ソケットのリスンキューから出て行く接続の数を制限します。

注意:

stream_socket_server() でのみ有効です。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.3 backlog が追加されました。
5.1.0 bindto が追加されました。

例1 基本的な bindto の使用例

<?php
// IP アドレス '192.168.0.100' でインターネットに接続する
$opts = array(
    
'socket' => array(
        
'bindto' => '192.168.0.100:0',
    ),
);


// IP アドレス '192.168.0.100' とポート番号 '7000' でインターネットに接続する
$opts = array(
    
'socket' => array(
        
'bindto' => '192.168.0.100:7000',
    ),
);


// IPv6 アドレス '2001:db8::1' とポート番号 '7000' でインターネットに接続する
$opts = array(
    
'socket' => array(
        
'bindto' => '[2001:db8::1]:7000',
    ),
);


// ポート番号 '7000' でインターネットに接続する
$opts = array(
    
'socket' => array(
        
'bindto' => '0:7000',
    ),
);


// コンテキストを作成し…
$context stream_context_create($opts);

// …そしてデータを取得するためにそれを使用する
echo file_get_contents('http://www.example.com'false$context);

?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top