maxdb_stmt_prepare

maxdb_stmt::prepare

(PECL maxdb >= 1.0)

maxdb_stmt_prepare -- maxdb_stmt::prepare後で実行するための SQL 文を準備する

説明

手続き型

bool maxdb_stmt_prepare ( resource $stmt , string $query )

オブジェクト指向型

mixed maxdb_stmt::prepare ( string $query )

maxdb_stmt_prepare() は、 後で実行するための SQLクエリをヌル終端の文字列で準備します。 ステートメントのリソースは、maxdb_stmt_init() で確保しなければなりません。 クエリは、単一の SQL 文である必要があります。

注意:

文の最後に、セミコロンや \g をつけてはいけません。

query では、SQL 文の中に、 ひとつあるいは複数のパラメータマーカを含めることが可能です。 適切な場所にクエスチョンマーク (?) を埋め込みます。

注意:

マーカは、SQL 文の中の適切な箇所にある場合にのみ有効です。 例えば INSERT 文の VALUES() リスト (その行のカラムの値を指定する) あるいは WHERE 句でカラムの値と 比較する条件を指定する場合などが有効です。

しかし、識別子 (テーブル名やカラム名)、SELECT 文が返すカラム名の一覧、 あるいは (例えば = のような) 二項演算子の両側などに マーカを指定することはできません。最後の制限が必要なのは、 この場合にパラメータの型が決定できなくなるからです。 一般的に、パラメータはデータ操作言語 (DML) 文で使用し、 データ定義言語 (DDL) 文では使用しません。

パラメータマーカは、文を実行したり行を取得したりする前に、必ず maxdb_stmt_bind_param()maxdb_stmt_bind_result() でアプリケーションの変数にバインドしなければなりません。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 オブジェクト指向型

<?php
$maxdb 
= new maxdb("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

$city "Portland";

/* プリペアドステートメントを作成します */
$stmt =  $maxdb->stmt_init();
if (
$stmt->prepare("SELECT state FROM hotel.city WHERE name=?")) {

   
/* マーカにパラメータをバインドします */
   
$stmt->bind_param("s"$city);

   
/* クエリを実行します */
   
$stmt->execute();

   
/* 結果変数にバインドします */
   
$stmt->bind_result($district);

   
/* 値を取得します */
   
$stmt->fetch();

   
printf("%s is in district %s\n"$city$district);

   
/* ステートメントを閉じます */
   
$stmt->close();


/* 接続を閉じます */
$maxdb->close();
?>

例2 手続き型

<?php
$link 
maxdb_connect("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

$city "Portland";

/* プリペアドステートメントを作成します */
$stmt maxdb_stmt_init($link);
if (
maxdb_stmt_prepare($stmt"SELECT state FROM hotel.city WHERE name=?")) {

   
/* マーカにパラメータをバインドします */
   
maxdb_stmt_bind_param($stmt"s"$city);

   
/* クエリを実行します */
   
maxdb_stmt_execute($stmt);

   
/* 結果変数にバインドします */
   
maxdb_stmt_bind_result($stmt$district);

   
/* 値を取得します */
   
maxdb_stmt_fetch($stmt);

   
printf("%s is in district %s\n"$city$district);

   
/* ステートメントを閉じます */
   
maxdb_stmt_close($stmt);


/* 接続を閉じます */
maxdb_close($link);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Portland is in district OR

参考

  • maxdb_stmt_init() - ステートメントを初期化し、maxdb_stmt_prepare で使用するリソースを返す
  • maxdb_stmt_execute() - プリペアドクエリを実行する
  • maxdb_stmt_fetch() - プリペアドステートメントの結果を取得し、バインド変数に格納する
  • maxdb_stmt_bind_param() - プリペアドステートメントに、変数をパラメータとしてバインドする
  • maxdb_stmt_bind_result() - 結果を保存するために、変数をプリペアドステートメントにバインドする
  • maxdb_stmt_close() - プリペアドステートメントを閉じる

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top