PHP 7.4.0RC6 Released!

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

APD の設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
apd.dumpdir NULL PHP_INI_ALL  
apd.statement_tracing "0" PHP_INI_ALL apd 0.9 以降で利用可能です。
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

apd.dumpdir string

APD がプロファイルのダンプファイルを書き出すディレクトリを設定します。 絶対パス・相対パスのどちらも指定可能です。

apd_set_pprof_trace() へ引数を渡すことで、 指定した以外の場所に書き出すことも可能です。

apd.statement_tracing boolean

行単位のトレースをするかしないかを設定します。これを on (1) にすると、アプリケーションのパフォーマンスに衝撃的な影響を与えます。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top