PHP 8.0.0 Beta 4 available for testing

MongoBinData クラス

(PECL mongo >= 0.8.1)

警告

このクラスを定義している拡張モジュールは非推奨です。 かわりに MongoDB 拡張モジュールを使うべきです。 このクラスの代替として、以下が使えます。

はじめに

データベースからのバイナリデータを保存したり取得したりする際に使用するオブジェクトです。

データベースに挿入できるひとつのオブジェクトの最大サイズは 16MB です。 それよりも大きいデータ (動画や音楽、キッシンジャーの自伝など) の場合は MongoGridFS を使います。16MB より小さなデータの場合は、 MongoBinData を使ってドキュメントに埋め込むほうが簡単でしょう。

たとえば画像をドキュメントに埋め込むには、このようにします。

<?php

$profile 
= array(
    
"username" => "foobity",
    
"pic" => new MongoBinData(file_get_contents("gravatar.jpg"), MongoBinData::GENERIC),
);

$users->save($profile);

?>

このクラスには type フィールドがありますが、 現時点ではこのフィールドはドライバやデータベースに対して何の効果も及ぼしません。 7 種類の型が定義済み (以下のクラス定数を参照ください) です。 過去のバージョンとの互換性のため、デフォルトは MongoBinData::BYTE_ARRAY となっていますが、将来のバージョンでは MongoBinData::GENERIC に変わるかもしれません。 MongoBinData::__construct() できちんと型を定義するようにしましょう。

クラス概要

MongoBinData {
/* 定数 */
const int GENERIC = 0 ;
const int FUNC = 1 ;
const int BYTE_ARRAY = 2 ;
const int UUID = 3 ;
const int UUID_RFC4122 = 4 ;
const int MD5 = 5 ;
const int CUSTOM = 128 ;
/* フィールド */
public string bin ;
public int type = 2 ;
/* メソッド */
public __construct ( string $data [, int $type = 0 ] )
public __toString ( void ) : string
}

定義済み定数

バイナリデータ型

MongoBinData::GENERIC
汎用的なバイナリデータ。
MongoBinData::FUNC
関数。
MongoBinData::BYTE_ARRAY
汎用的なバイナリデータ (非推奨。かわりに MongoBinData::GENERIC を使いましょう)。
MongoBinData::UUID
全体で一意な識別子 (非推奨。かわりに MongoBinData::UUID_RFC4122 を使いましょう)。
MongoBinData::UUID_RFC4122
全体で一意な識別子 (» RFC 4122 準拠)。
MongoBinData::MD5
MD5。
MongoBinData::CUSTOM
ユーザー定義型。

変更履歴

バージョン 説明
1.5.0 定数 MongoBinData::GENERIC および MongoBinData::UUID_RFC4122 が追加されました。

目次

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
sander at steffann dot nl
10 years ago
Note MongoBinData::CUSTOM has value 0x80, not 0xf0
To Top