PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

MongoCollection クラス

(PECL mongo >=0.9.0)

はじめに

MongoDB のコレクションを表します。

コレクション名は ASCII セット内の任意の文字を使用できます。たとえば ""、"..."、"my collection" そして "*&#@" といった名前をつけることができます。

ユーザー定義のコレクション名には $ 記号を含めることができません。システムコレクションの中には $ を名前に使うものがあります (local.oplog.$main など) が、 これは予約文字です。名前に $ を含むコレクションを作ったり使ったりしようとすると、 MongoDB が assert を出します。

クラス概要

MongoCollection {
/* 定数 */
const int ASCENDING = 1 ;
const int DESCENDING = -1 ;
/* フィールド */
public MongoDB $db = NULL ;
public integer $w ;
public integer $wtimeout ;
/* メソッド */
public aggregate ( array $pipeline [, array $options ] ) : array
public aggregateCursor ( array $command [, array $options ] ) : MongoCommandCursor
public batchInsert ( array $a [, array $options = array() ] ) : mixed
public __construct ( MongoDB $db , string $name )
public count ([ array $query = array() [, array $options = array() ]] ) : int
public createDBRef ( mixed $document_or_id ) : array
public createIndex ( array $keys [, array $options = array() ] ) : bool
public deleteIndex ( string|array $keys ) : array
public deleteIndexes ( void ) : array
public distinct ( string $key [, array $query ] ) : array
public drop ( void ) : array
public ensureIndex ( string|array $key|keys [, array $options = array() ] ) : bool
public find ([ array $query = array() [, array $fields = array() ]] ) : MongoCursor
public findAndModify ( array $query [, array $update [, array $fields [, array $options ]]] ) : array
public findOne ([ array $query = array() [, array $fields = array() [, array $options = array() ]]] ) : array
public __get ( string $name ) : MongoCollection
public getDBRef ( array $ref ) : array
public getIndexInfo ( void ) : array
public getName ( void ) : string
public getReadPreference ( void ) : array
public getSlaveOkay ( void ) : bool
public getWriteConcern ( void ) : array
public group ( mixed $keys , array $initial , MongoCode $reduce [, array $options = array() ] ) : array
public insert ( array|object $document [, array $options = array() ] ) : bool|array
public parallelCollectionScan ( int $num_cursors ) : array[MongoCommandCursor]
public remove ([ array $criteria = array() [, array $options = array() ]] ) : bool|array
public save ( array|object $document [, array $options = array() ] ) : mixed
public setReadPreference ( string $read_preference [, array $tags ] ) : bool
public setSlaveOkay ([ bool $ok = TRUE ] ) : bool
public setWriteConcern ( mixed $w [, int $wtimeout ] ) : bool
static protected toIndexString ( mixed $keys ) : string
public __toString ( void ) : string
public update ( array $criteria , array $new_object [, array $options = array() ] ) : bool|array
public validate ([ bool $scan_data = FALSE ] ) : array
}

定義済み定数

MongoCollection::ASCENDING
1
ソートやインデックス作成時に使用する「昇順」。
MongoCollection::DESCENDING
-1
ソートやインデックス作成時に使用する「降順」。

フィールド

db

このコレクションの "親" データベース。

w

成功を返す前に変更をレプリケートするサーバーの数。 この値は親データベースから引き継ぎます。 MongoDB クラスのマニュアルに、 w の挙動についてのより詳細な説明があります。

wtimeout

$this->w のレプリケーションが完了するまでに待つミリ秒数。 この値は親データベースから引き継ぎます。 MongoDB クラスのマニュアルに、 wtimeout の挙動についてのより詳細な説明があります。

参考

MongoDB コアドキュメントの » コレクション を参照ください。

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top