PHP 7.4.0beta4 released!

MongoCursorTimeoutException クラス

(PECL mongo >= 1.0.0)

はじめに

クエリのタイムアウトで発生します。 この例外がスローされるようになるまでの時間の長さを設定することができます。 そのためには、MongoCursor::timeout() をカーソルで実行するか、 あるいは MongoCursor::$timeout を設定します。 静的変数を設定する方法は、データベースコマンドや MongoCollection::findOne() のようなクエリで便利です。 これらはどちらもカーソルの内部で暗黙的に使うからです。

クラス概要

MongoCursorTimeoutException extends MongoCursorException {
}
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top