PHP 7.4.12 Released!

MongoMaxKey クラス

(PECL mongo >= 1.0.2)

警告

このクラスを定義している拡張モジュールは非推奨です。 かわりに MongoDB 拡張モジュールを使うべきです。 このクラスの代替として、以下が使えます。

はじめに

MongoMaxKey はデータベースが使う特別な型で、 他のどんな BSON 型よりも大きいと評価されます。したがって、 特定のフィールドの昇順でクエリを並べ替えると、値が MongoMaxKey であるドキュメントが最後となります。

MongoMaxKey にはフィールドやメソッド、定数はありません。 データベースに追加するときに使う、単なる "いちばん大きい" 値です。

注意: MongoMaxKey は、インデックス作成やシャーディングのために、MongoDB が内部的に利用するものです。 一般に、アプリケーション内でこのクラスを使う理由はありません。

クラス概要

MongoMaxKey {
}

MongoMaxKey の使用例

<?php

$collection
->insert(array("task" => "dishes""doBy" => new MongoMaxKey));
$collection->insert(array("task" => "staff meeting""doBy" => new MongoDate(strtotime("+4 days"))));

$cursor $collection->find()->sort(array("doBy" => 1));

?>

このカーソルの中身は、まずstaff meetingドキュメント、次にdishesドキュメントとなります。 dishesドキュメントは、今後コレクションに何が追加されたとしても必ず最後になります ("doBy" フィールドが MongoMaxKey である別のドキュメントが追加されない限りは)。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top