PHP 7.4.22 Released!

日付の書式

このページでは、 strtotime()DateTime そして date_create() のパーサーが理解する、 さまざまな日付フォーマットを説明します。

シンボル一覧
シンボル 書式
daysuf "st" | "nd" | "rd" | "th"  
dd ([0-2]?[0-9] | "3"[01]) daysuf? "7th", "22nd", "31"
DD "0" [0-9] | [1-2][0-9] | "3" [01] "07", "31"
m 'january' | 'february' | 'march' | 'april' | 'may' | 'june' | 'july' | 'august' | 'september' | 'october' | 'november' | 'december' | 'jan' | 'feb' | 'mar' | 'apr' | 'may' | 'jun' | 'jul' | 'aug' | 'sep' | 'sept' | 'oct' | 'nov' | 'dec' | "I" | "II" | "III" | "IV" | "V" | "VI" | "VII" | "VIII" | "IX" | "X" | "XI" | "XII"  
M 'jan' | 'feb' | 'mar' | 'apr' | 'may' | 'jun' | 'jul' | 'aug' | 'sep' | 'sept' | 'oct' | 'nov' | 'dec'  
mm "0"? [0-9] | "1"[0-2] "0", "04", "7", "12"
MM "0" [0-9] | "1"[0-2] "00", "04", "07", "12"
y [0-9]{1,4} "00", "78", "08", "8", "2008"
yy [0-9]{2} "00", "08", "78"
YY [0-9]{4} "2000", "2008", "1978"
各国ごとの表記法
説明 書式
アメリカ式の月、日 mm "/" dd "5/12", "10/27"
アメリカ式の月、日、年 mm "/" dd "/" y "12/22/78", "1/17/2006", "1/17/6"
スラッシュで区切られた、4桁の年、月、日 YY "/" mm "/" dd "2008/6/30", "1978/12/22"
4桁の年、月 (GNU) YY "-" mm "2008-6", "2008-06", "1978-12"
ハイフンで区切られた、年、月、日 y "-" mm "-" dd "2008-6-30", "78-12-22", "8-6-21"
ドットかタブかハイフンで区切られた、日、月、4桁の年 dd [.\t-] mm [.-] YY "30-6-2008", "22.12.1978"
ドットかタブで区切られた、日、月、2桁の年 dd [.\t] mm "." yy "30.6.08", "22\t12.78"
日、月の文字表記、年 dd ([ \t.-])* m ([ \t.-])* y "30-June 2008", "22DEC78", "14 III 1879"
月の文字表記、4桁の年 (日は1日にリセットされる) m ([ \t.-])* YY "June 2008", "DEC1978", "March 1879"
4桁の年、月の文字表記 (日は1日にリセットされる) YY ([ \t.-])* m "2008 June", "1978-XII", "1879.MArCH"
月の文字表記、日、年 m ([ .\t-])* dd [,.stndrh\t ]+ y "July 1st, 2008", "April 17, 1790", "May.9,78"
月の文字表記、日 m ([ .\t-])* dd [,.stndrh\t ]* "July 1st,", "Apr 17", "May.9"
日、月の文字表記 d ([ .\t-])* m "1 July", "17 Apr", "9.May"
月の省略形、日、年 M "-" DD "-" y "May-09-78", "Apr-17-1790"
年、月の省略形、日 y "-" M "-" DD "78-Dec-22", "1814-MAY-17"
年 (年だけの指定) YY "1978", "2008"
月の文字表記 (月だけの指定) m "March", "jun", "DEC"
ISO 8601 に準拠した表記法
説明 書式
年、月、日の8桁 YY MM DD "15810726", "19780417", "18140517"
スラッシュで区切られた、4桁の年、月、日 YY "/" MM "/" DD "2008/06/30", "1978/12/22"
ハイフンで区切られた、2桁の年、月、日 yy "-" MM "-" DD "08-06-30", "78-12-22"
符号つきまたは符号なしの4桁の年、月、日 [+-]? YY "-" MM "-" DD "-0002-07-26", "+1978-04-17", "1814-05-17"

注意:

シンボル y または yy を含む書式について、 100未満の年は特別な扱いになります。年が0から69までの間だった場合、 2000を足した数になります。 また、年が70から99までの間だった場合、1900を足した数になります。 つまり、"00-01-01" は "2000-01-01" と解釈されます。

注意:

書式「ドットかタブで区切られた、日、月、2桁の年」 (dd [.\t] mm "." yy) は年が61から99の間のときだけ機能します。 この範囲外の年を与えた場合には 時刻の書式 の "HH [.:] MM [.:] SS" が優先されます。

注意:

書式「年 (年だけの指定)」は、時刻の指定が先に出現している場合のみ機能します。 そうでない場合、指定された4桁は HH MM とみなされます。

警告

シンボル ddDD について、 オーバーフローやアンダーフローすることができます。 つまり、 0 日は先月の最終日の意味になりますし、 オーバーフローすると翌月に繰り越しになります。 このルールにより、"2008-08-00" は "2008-07-31" と同一になり、 "2008-06-31" は "2008-07-01" と同一になります ( 6 月は 30 日までしかないので)。

「日」の範囲が 0 から 31 までに絞られていることに注意しましょう。 先ほどの正規表現が示すとおりです。 したがって、たとえば "2008-06-32" は日付文字列として妥当な形式ではなくなります。

また、シンボル mmMM についても 0 を用いてアンダーフローすることができます。 0 月は前年の 12 月を意味します。 たとえば "2008-00-22" は "2007-12-22" と同一です。

もしこれらを併用し、日も月もアンダーフローした場合は次のようになります。 "2008-00-00" は、まず "2007-12-00" へと変換され、 さらに "2007-11-30" へと変換されます。 文字列 "0000-00-00" についても同様に "-0001-11-30" へと変形されます。 (ISO 8601 における -1 年は、予測的グレゴリオ暦 (proleptic Gregorian calendar) で言うところの紀元前 2 年になります。)

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top