PHP 7.4.9 Released!

ifx_prepare

(PHP 4, PHP 5 < 5.2.1)

ifx_prepareSQL 文を実行用に準備する

説明

ifx_prepare ( string $query , resource $link_identifier [, int $cursor_def ], mixed $blobidarray ) : resource

あとで ifx_do() で使用するための query を準備します。

"select 型" のクエリの場合はカーソルを宣言してオープンします。 select 以外のクエリは、直接実行されます。

どちらのタイプのクエリにおいても、(予測または実際の数として) 作用された行の数は ifx_affected_rows() により 取得可能です。

TEXT (または BYTE) カラムの内容が許すならば、 "ifx_textasvarchar(1)" または "ifx_byteasvarchar(1)" を使用する ことも可能です。 これにより、TEXT (または BYTE) カラムは、select クエリの 通常の (しかし長い) VARCHAR カラムと同様に処理され、 BLOB ID で悩むこともなくなります。

ifx_textasvarchar(0) または ifx_byteasvarchar(0) (デフォルト値) の場合、select クエリは、BLOB ID (整数値) に属するものとして BLOB カラムを返します。 BLOB 関数により文字列またはファイルとして BLOB の値を得ることが 可能です (下記を参照ください)。

パラメータ

query

クエリ文字列。

link_identifier

リンク ID。

cursor_def

オプションのパラメータで、そのカーソルを "スクロール" または "ホールド" カーソルとすることができます。 このオプションはビットマスクであり、 IFX_SCROLLIFX_HOLD あるいは 両方とも指定することができます。

blobidarray

もし、クエリにおいて BLOB (BYTE または TEXT) カラムがある場合、 対応する "BLOB ID" を有する blobidarray パラメータを追加することが可能です。この場合、クエリテキストの これらのカラムを "?" で置換することが必要です。

返り値

後で ifx_do() で使用するための結果 ID、 あるいはエラー時に FALSE を返します。

参考

  • ifx_do() - 事前に準備された SQL 文を実行する

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
icespawn11882 at hotmail dot com
15 years ago
This is an example to use this function

$conn = fx_connect( "db", "user", "password" );
$result = ifx_prepare("SELECT customer_num, company FROM customer", $conn);
ifx_do($result);

ifx_prepare associate an int to the query; we use this int with ifx_do

Para Massimiliano
To Top