PHP 8.0.0 Alpha 2 available for testing

imagepsloadfont

(PHP 4, PHP 5)

imagepsloadfontファイルからPostScript Type 1 フォントを読み込む

警告

この機能は PHP 7.0.0 で 削除 されました。

説明

imagepsloadfont ( string $filename ) : resource

指定された filename から PostScript Type 1 フォントを読み込みます。

パラメータ

filename

PostScript フォントファイルのパス

返り値

全てがうまくいった場合、正しいフォントインデックスが返され、 後の用途に使えます。失敗した場合、この関数は FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
7.0.0PHP から T1Lib サポートが削除されたため、この関数は削除されました。

例1 imagepsloadfont() の例

<?php
// Create a new image instance
$im imagecreatetruecolor(35045);

// Allocate colors and fill the background
$black imagecolorallocate($im000);
$white imagecolorallocate($im255255255);
imagefilledrectangle($im0034944$white);

// Load a font, write to the image and free the font from memory
$font imagepsloadfont("bchbi.pfb");
imagepstext($im"Testing... It worked!"$font32$white$black3232);
imagepsfreefont($font);

// Output the image
header('Content-type: image/png');

imagepng($im);
imagedestroy($im);
?>

注意

注意: この関数は、PHP が --with-t1lib を指定してコンパイルされている場合のみ使用可能です。

参考

  • imagepsfreefont() - PostScript Type 1 フォントによって使われたメモリを解放する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top