LaravelConf Taiwan 2019 announcement

ingres_errno

(PECL ingres >= 1.1.0)

ingres_errno直近に発生した ingres エラー番号を取得する

説明

ingres_errno ([ resource $link ] ) : int

直近のエラー番号を整数値で返します。エラーが発生していない場合は 0 を返します。

link リソースが ingres_errno() に渡された場合、そのリンクに記録された直近のエラーを返します。 リンクが渡されなかった場合、ingres_errno() はデフォルトのリンクを使用して直近のエラーを返します。

この関数 ingres_errno() は、 データベースクエリを実行した直後にコールしなければなりません。 ingres_errno() の前に他の関数がコールされると、 直近の Ingres 関数のコールで発生したエラーコードが書き換えられてしまいます。

パラメータ

link

接続リンク ID。

返り値

直近のエラー番号を整数値で返します。エラーが発生していない場合は 0 を返します。

例1 直近の Ingres エラー番号の取得

<?php
$link 
ingres_connect($database$user$password);

$result ingres_query($link"select * from table");

$error_code ingres_errno($link);

if ( 
$error_code != ) {
   echo 
"エラーが発生しました - " $error_code;
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top