The 7th Annual China PHP Conference

ingres_prepare

(PECL ingres >= 1.1.0)

ingres_prepare後で実行するためのクエリを準備する

説明

ingres_prepare ( resource $link , string $query ) : mixed

ingres_execute() で実行するためのクエリを準備します。

クエリは、現在開いているトランザクションの一部となります。 開いているトランザクションがない場合は ingres_query() が新しいトランザクションを開きます。 トランザクションを閉じるには、ingres_commit() をコールして変更をデータベースにコミットするか ingres_rollback() で変更をキャンセルします。 スクリプトが終了すると、開いているトランザクションはすべて (ingres_rollback() をコールして) ロールバックされます。 新しいトランザクションを開く前に ingres_autocommit() をコールすると、 SQL を実行するたびにその場で自動的にコミットするようになります。

注意: 関連する設定項目

実行時設定での ingres.describeingres.scrollable および ingres.utf8 の説明も参照ください。

パラメータ

link

接続リンク ID。

query

Ingres のドキュメント (Ingres SQL reference guide を参照ください) に書かれた正しい形式の SQL クエリ。 ingres_prepare() を使って実行できない SQL 文の一覧は、 ingres_query()query パラメータを参照ください。

返り値

ingres_prepare() はクエリの結果 ID を返します。 ingres_execute() でクエリを実行するときに、これを使います。 エラーが発生したかどうかを知るには、ingres_errno()ingres_error() あるいは ingres_errsqlstate() を使います。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top