PHP 7.4.0beta4 released!

ingres_set_environment

(PECL ingres >= 1.2.0)

ingres_set_environment環境を設定して出力オプションを制御する

説明

ingres_set_environment ( resource $link , array $options ) : bool

ingres_set_environment() をコールして、 Ingres からの値の出力に影響する環境設定をします。 タイムゾーンや日付の書式、桁区切り文字や小数点の桁数などが含まれます。

パラメータ

link

接続リンク ID。

options

オプション名とその値のペアの配列。 オプション名と型は次のとおりです。

オプション名 説明
date_century_boundary integer 2 桁表記の年が今世紀を表すのか来世紀を表すのかの区切り。 II_DATE_CENTURY_BOUNDARY と同じです。 50
timezone string セッションのタイムゾーンを設定します。未設定の場合は II_TIMEZONE_NAME で定義したデフォルトを使います。 II_TIMEZONE_NAME が定義されていない場合は NA-PACIFIC (GMT-8 +夏時間) を使います。 UNITED-KINGDOM
date_format integer

Ingres の日付の入出力フォーマットを設定します。 デフォルトは II_DATE_FORMAT で定義した値です。II_DATE_FORMAT が未設定の場合は デフォルトの日付フォーマットは US、つまり mm/dd/yy 形式となります。 date_format には次の値を使えます。

  • INGRES_DATE_DMY
  • INGRES_DATE_FINISH
  • INGRES_DATE_GERMAN
  • INGRES_DATE_ISO
  • INGRES_DATE_ISO4
  • INGRES_DATE_MDY
  • INGRES_DATE_MULTINATIONAL
  • INGRES_DATE_MULTINATIONAL4
  • INGRES_DATE_YMD
  • INGRES_DATE_US

INGRES_DATE_ISO4
decimal_separator string 数値の桁区切り文字 ","
money_lort integer

通貨記号を先頭と末尾のどちらにつけるか。 money_lort には次の値を使えます。

  • INGRES_MONEY_LEADING
  • INGRES_MONEY_TRAILING

INGRES_MONEY_LEADING
money_sign string MONEY 型で使う通貨記号
money_precision integer MONEY 型の小数点以下の桁数 2
float4_precision integer FLOAT4 型の小数点以下の桁数 10
float8_precision integer FLOAT8 型の小数点以下の桁数 10
blob_segment_length integer BLOB や CLOB のデータを取得するときの一回あたりの取得バイト数。 明示的に指定しない場合のデフォルトは 4096 バイト。 8192

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 date_format を ISO4 に設定する例

<?php
$options 
= array( "date_format" => INGRES_DATE_ISO4 );

if (
ingres_set_environment($link$options))
{
    
$result=ingres_query($link,"select date('now') as date");

    while ( 
$object ingres_fetch_object ($result) ) {
        echo 
$object->date."\n";
    }
}
?>

例2 タイムゾーンを HONG-KONG に設定する例

<?php

$options 
= array( "timezone" => "HONG-KONG");

if (
ingres_set_environment($link$options))
{
    
$result=ingres_query($link,"select date('now') as date");

    while ( 
$object ingres_fetch_object ($result) ) {
        echo 
$object->date."\n";
    }
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top