PHP 7.4.9 Released!

kadm5_init_with_password

(PECL kadm5 >= 0.2.3)

kadm5_init_with_passwordKADM5 ライブラリへの接続をオープンし、必要なステータス情報を初期化する

説明

kadm5_init_with_password ( string $admin_server , string $realm , string $principal , string $password ) : resource

principal および指定した password を使用して KADM5 ライブラリとの接続をオープンし、 admin_server から証明書を取得します。

パラメータ

admin_server

サーバー。

realm

この接続の認証領域を定義します。

principal

プリンシパル。

password

password を省略したり NULL を指定したりすると、 ランダムなキーを生成します。

返り値

成功した場合は KADM5 ハンドル、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 KADM5 の初期化の例

<?php

$handle 
kadm5_init_with_password("afs-1""GONICUS.LOCAL""admin/admin""password");

$attributes KRB5_KDB_REQUIRES_PRE_AUTH KRB5_KDB_DISALLOW_PROXIABLE;
$options = array(KADM5_PRINC_EXPIRE_TIME => 0,
                 
KADM5_POLICY => "default",
                 
KADM5_ATTRIBUTES => $attributes);

kadm5_create_principal($handle"burbach@GONICUS.LOCAL""password"$options);

kadm5_destroy($handle);
?>

注意

注意:

使用後は、kadm5_destroy() で接続を閉じなければなりません。

参考

  • kadm5_destroy() - 管理サーバーへの接続を閉じ、関連するすべてのリソースを開放する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top