Dutch PHP Conference 2021 - Call for Papers

log_cmd_update

(PECL mongo >= 1.5.0)

log_cmd_updateCallback When Updating Documents

説明

log_cmd_update ( array $server , array $writeOptions , array $updateOptions , array $protocolOptions )

A callable function, used by the log_cmd_update context option, when updateing a document

注意:

This is not a real function, only a prototype of how the function should be.

パラメータ

server

選んだサーバーについての基本情報を含む配列。

キー
hashハーバーハッシュ。例:localhost:27017;-;X;56052
typeノード型 (primary/secondary/mongos/arbiter)。例:2
max_bson_sizeこのノードがネットワーク越しに受け付ける BSON の最大サイズ。例:16777216
max_message_sizeこのノードがネットワーク越しに受け入れるメッセージの最大サイズ。例:48000000
request_idこのメッセージのリクエスト識別子。例:42

writeOptions

キー
orderedboolean で、バッチ操作をシーケンシャルに行う必要がある (orderd = true) かどうかを表します。
writeConcern書き込み確認のオプションの配列 (以下を参照ください)
書き込み確認の配列の値
キー
fsyncboolean で、強制的にディスクへのフラッシュをしてから返します。
jboolean で、強制的にジャーナルに書き出してから返します。
wtimeoutinteger で、プライマリがレプリケーションの検証までに待つ最大の時間をミリ秒で指定します。
winteger でサーバー数、あるいは文字列でレプリケーションタグを指定します。

updateOptions

key value
multi Boolean, true if this update is allowed to update all matched criteria
upsert Boolean, true if the document should be created if criteria does not match
q Array, the search criteria
u Array, the new object/modifications

protocolOptions

キー
message_lengthネットワーク越しに送信するエンコード済みメッセージのサイズ (バイト数)。
request_idこのメッセージのリクエスト識別子。例:42
namespaceプロトコルメッセージに使う、MongoDB 名前空間。例:dbname.collectionname

変更履歴

バージョン 説明
PECL mongo 1.5.0 Only available when connected to MongoDB 2.6.0+
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top