maxdb_fetch_lengths

maxdb_result::lengths

(PECL maxdb >= 1.0)

maxdb_fetch_lengths -- maxdb_result::lengths結果セットの現在の行のカラムの長さを返す

説明

手続き型

maxdb_fetch_lengths ( resource $result ) : array

オブジェクト指向型

array $maxdb_result->lengths;

maxdb_fetch_lengths() 関数は、result が表す結果セット内の現在の行の、すべてのカラムの長さを配列で返します。 成功した場合はカラムの長さを含む数値添字の配列、 失敗した場合に FALSE を返します。

返り値

各カラムの長さ (終端の null 文字を含まない) を表す整数値の配列、 あるいはエラー時には FALSE を返します。

maxdb_fetch_lengths() は、 結果セットの現在の行に対してのみ有効です。 maxdb_fetch_row/array/resource をコールする前や、 結果セットのすべての行を取得した後にこの関数をコールすると、 FALSE を返します。

例1 オブジェクト指向型

<?php
$maxdb 
= new maxdb("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

$query "SELECT * from hotel.customer WHERE cno = 3000";

if (
$result $maxdb->query($query)) {

   
$row $result->fetch_row();

   
/* カラムの長さを表示します */
   
foreach ($result->lengths as $i => $val) {
       
printf("フィールド %2d の長さは %2d\n"$i+1$val);
   }
   
$result->close();
}

/* 接続を閉じます */
$maxdb->close();
?>

例2 手続き型

<?php
$link 
maxdb_connect("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

$query "SELECT * from hotel.customer WHERE cno = 3000";

if (
$result maxdb_query($link$query)) {

   
$row maxdb_fetch_row($result);

   
/* カラムの長さを表示します */
   
foreach (maxdb_fetch_lengths($result) as $i => $val) {
       
printf("フィールド %2d の長さは %2d\n"$i+1$val);
   }
   
maxdb_free_result($result);
}

/* 接続を閉じます */
maxdb_close($link);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

フィールド  1 の長さは  4
フィールド  2 の長さは  3
フィールド  3 の長さは  5
フィールド  4 の長さは  6
フィールド  5 の長さは  5
フィールド  6 の長さは 21
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top