maxdb_thread_id

maxdb::thread_id

(PECL maxdb >= 1.0)

maxdb_thread_id -- maxdb::thread_id現在の接続のスレッド ID を返す

説明

手続き型

maxdb_thread_id ( resource $link ) : int

オブジェクト指向型

int $maxdb->thread_id;

maxdb_thread_id() 関数は、現在の接続のスレッド ID を返します。maxdb_kill() 関数を使用することで、 この接続を殺すことが可能です。接続を見失ったあとで maxdb_ping() を使用して再接続した場合には、 スレッド ID は別の値になります。そのため、スレッド ID は、必要になった時点でのみ取得すべきです。

注意:

スレッド ID は、接続ごとに割り当てられます。したがって、 接続が壊れてしまい改めて確立しなおした場合には、スレッド ID は別の値が割り当てられます。

返り値

maxdb_thread_id() は、 現在の接続のスレッド ID を返します。

例1 オブジェクト指向型

<?php
$maxdb 
= new maxdb("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

/* スレッド ID を調べます */
$thread_id $maxdb->thread_id;

/* 接続を殺します */
$maxdb->kill($thread_id);

/* これは、エラーとなります */
if (!$maxdb->query("CREATE TABLE mycity LIKE hotel.city")) {
   
printf("エラー: %s\n"$maxdb->error);
   exit;
}

/* 接続を閉じます */
$maxdb->close();
?>

例2 手続き型

<?php
$link 
maxdb_connect("localhost""MONA""RED""DEMODB");

/* 接続を調べます */
if (maxdb_connect_errno()) {
   
printf("接続に失敗しました: %s\n"maxdb_connect_error());
   exit();
}

/* スレッド ID を調べます */
$thread_id maxdb_thread_id($link);

/* 接続を殺します */
maxdb_kill($link$thread_id);

/* これは、エラーとなります */
if (!maxdb_query($link"CREATE TABLE mycity LIKE hotel.city")) {
   
printf("エラー: %s\n"maxdb_error($link));
   exit;
}

/* 接続を閉じます */
maxdb_close($link);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Warning: maxdb_query(): -10821 Session not connected <...>
エラー: Session not connected

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top