SunshinePHP 2020 CFP Started

udm_set_agent_param

(PHP 4 >= 4.0.5, PHP 5 < 5.1.0, PECL mnogosearch >= 1.0.0)

udm_set_agent_parammnoGoSearch エージェントのセッションパラメータを設定する

説明

udm_set_agent_param ( resource $agent , int $var , string $val ) : bool

mnoGoSearch セッションパラメータを定義します。

パラメータ

agent

udm_alloc_agent() のコールにより取得した、 エージェントのリンク ID。

var

以下のパラメータおよびそれらの値が利用可能です。

  • UDM_PARAM_PAGE_NUM - 検索結果のページ番号を選択するために 使用されます (結果は、ページ毎に UDM_PARAM_PAGE_SIZE 個の結果を有する 0 から始まるページで返されます)。
  • UDM_PARAM_PAGE_SIZE - 1 ページに表示される検索結果の数です。
  • UDM_PARAM_SEARCH_MODE - 検索モード。次の値が利用可能です。 UDM_MODE_ALL - 全ての単語を検索します。; UDM_MODE_ANY - いずれかの単語で検索します。; UDM_MODE_PHRASE - 熟語で検索します。; UDM_MODE_BOOL - 論理値で検索します。論理値検索に関する詳細については udm_find() を参照ください。
  • UDM_PARAM_CACHE_MODE - 検索結果のキャッシュモードをオンまたは オフにします。有効の場合、検索エンジンは検索結果をディスクに 保存します。似たような検索が後で実行された場合、エンジンは より高速にキャッシュから結果を得ることが可能です。 利用可能な値: UDM_CACHE_ENABLED, UDM_CACHE_DISABLED.
  • UDM_PARAM_TRACK_MODE - クエリ追跡モードをオンまたはオフにします。 バージョン 3.1.2 以降、mnoGoSearch はクエリ追跡モードをサポート しています。追跡は SQL バージョンにのみ実装されており、組み込み データベースでは利用できません。追跡を使用するには、テーブルを 追跡サポート用に作成する必要があります。MySQL の場合、 create/mysql/track.txt を使用してください。検索実行時に、 フロントエンドはクエリ単語、見つけたドキュメントの数、カレントの 秒単位の Unix タイムスタンプを保存するためにこれらのテーブルを 使用します。 利用可能な値: UDM_TRACK_ENABLED, UDM_TRACK_DISABLED.
  • UDM_PARAM_PHRASE_MODE - 熟語を用いたインデックスデータベースか どうかを定義します (indexer.confにおける"phrase" パラメータ)。 使用可能な値: UDM_PHRASE_ENABLED および UDM_PHRASE_DISABLED。 熟語検索が有効な場合 (UDM_PHRASE_ENABLED) でも、全てのモード (ANYALLBOOLPHRASE) で検索が可能であることに注意してください。 mnoGoSearch のバージョン 3.1.10 で、SQL と組み込みデータベース モードでのみ熟語検索がサポートされました。一方、3.1.11 で キャッシュモードでも熟語検索がサポートされ始めました。 熟語検索の例: "Arizona desert" - このクエリは、"Arizona desert" を熟語として含む 全てのドキュメントを返します。熟語の前後に二重引用符が 必要であることに注意してください。
  • UDM_PARAM_CHARSET - ローカルな charset を定義します。利用可能な値: mnoGoSearch によりサポートされるcharset、 例えば、koi8-r, cp1251, ...
  • UDM_PARAM_STOPFILE - stopword ファイルの名前とパスを定義します。 (mnoGoSearch と若干違いがあります。つまり、mnoGoSearch においては、 相対パスまたはパスが入力されなかった場合、UDM_CONF_DIR からの 相対パスとしてこのファイルが探されます。一方このモジュールは、 カレントのパス、すなわち PHP スクリプトが実行されるパスからの 相対パスで探します)。
  • UDM_PARAM_STOPTABLE - 指定した SQL テーブルから停止単語をロード します。複数の StopwordTable コマンドを使用可能です。このコマンドは、 SQL データベースサポートを有効にせずにコンパイルした場合は 使用できません。
  • UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR - 指定したドキュメント部分の重み係数を 表します。現在、body, title, keywords, description, url が サポートされています。この機能を有効にするには、indexer.conf の *Weight コマンドに 2 の累乗を指定してください。ここで次のような 重みを指定した場合を考えてみましょう。
          URLWeight     1
          BodyWeight    2
          TitleWeight   4
          KeywordWeight 8
          DescWeight    16
             
    同じドキュメントにいくつかの単語が複数回現れる場合、 indexerが単語の重みに OR 演算子を使用するので、異なった ドキュメントの部分に単語が現れる回数を検出可能です。本文にのみ現れる 単語は、(2進標記で) 重み集合 00000010 を有します。すべての ドキュメント部分で使用される単語は、重み集合 00011111 を有します。 このパラメータの値は、16進数文字列 ABCDE です。各桁は、単語重みの 対応するビットの因子です。上で指定した重み設定は次のようになります。
           E is a factor for weight 1  (URL Weight bit)
           D is a factor for weight 2  (BodyWeight bit)
           C is a factor for weight 4  (TitleWeight bit)
           B is a factor for weight 8  (KeywordWeight bit)
           A is a factor for weight 16 (DescWeight bit)
             
    例: UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR=00001 は、URL のみを検索します。 UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR=00100 は、Title のみを検索します。 UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR=11100 は、Title, Keywords, Desctription を 検索しますが、URL と Body は検索しません。 UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR=F9421 は、次の検索を行います。
            Description with factor 15  (F hex)
            Keywords with factor 9
            Title with factor  4
            Body with factor 2
            URL with factor 1
             
    UDM_PARAM_WEIGHT_FACTOR 変数が省略された場合、元の重みの値は ソート結果から引き出されます。上記で指定した重み設定の場合、 ドキュメントの Description は、最大重み 16 を有するドキュメントの description を意味します。
  • UDM_PARAM_WORD_MATCH - 単語にマッチ。このパラメータを単語検索型を 選択する際に使用可能です。この機能は、"single" および "multi" モードで SQL データベースおよび組み込みのデータベースを使用する 場合にのみ動作します。この機能は、cachemode および他のモードでは 動作しません。これは、これらのモードが単語 CRC を使用しており、 部分文字列検索をサポートしていないからです。 利用可能な値は次のようになります。 UDM_MATCH_BEGIN - 単語の始めにマッチ UDM_MATCH_END - 単語の終りにマッチ UDM_MATCH_WORD - 単語全体にマッチ UDM_MATCH_SUBSTR - 単語の部分文字列にマッチ
  • UDM_PARAM_MIN_WORD_LEN - 単語の最短長を定義します。 この制限より短い単語は、stopword とみなされます。このパラメータは その値自身も範囲に含むことに注意してください。つまり、 UDM_PARAM_MIN_WORD_LEN=3 の場合、3 文字の長さの単語は stopword と 見なされませんが、2 文字の単語はstopwordとみなされます。 デフォルトは 1 です。
  • UDM_PARAM_ISPELL_PREFIXES - 利用可能な値は UDM_PREFIXES_ENABLED および UDM_PREFIXES_DISABLED で、それぞれプレフィックスの使用を有効あるいは 無効とします。例えば検索クエリに "tested" が含まれていた場合、 "test" や "testing" などといった単語も対象とします。デフォルトでは このようなサフィックスのみがサポートされています。プレフィックスは しばしば単語の意味を変えてしまいます。たとえば、"tested" を検索した際の結果として "untested" が出てきてほしいと思う人は ほとんどいないでしょう。プレフィックスのサポートは、サイトの スペルチェックのために使用すると便利です。ispell を有効にするには、 udm_load_ispell_data() で ispell データを 読み込む必要があります。
  • UDM_PARAM_CROSS_WORDS - クロスワードのサポートを有効あるいは無効にします。 利用可能な値: UDM_CROSS_WORDS_ENABLED および UDM_CROSS_WORDS_DISABLED クロスワード機能により、<a href="xxx"> と </a> の間の 単語もリンク先ドキュメントに設定します。これは SQL データベース モードで動作し、組み込みのデータベースやキャッシュモードでは 使用できません。
  • UDM_PARAM_VARDIR - 組み込みのデータベースやキャッシュモードを 使用する際に、インデクサがデータを保存するディレクトリへの パスを指定します。デフォルトでは、mnoGoSearch をインストールした ディレクトリの下の /var ディレクトリが 使用されます。文字列値のみを指定可能です。

val

変更履歴

バージョン 説明
4.1.0 UDM_PARAM_VARDIR が追加されました。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

注意

注意: クロスワードは mnoGoSearch 3.1.11 以降でのみサポートされています。

add a note add a note

User Contributed Notes 3 notes

up
0
adu at php dot net
13 years ago
I found an undocumented function: udm_set_agent_param_ex
For example, if you want to sort results by date, do this:
udm_set_agent_param_ex($udm_agent, 's', 'DR');
See http://www.mnogosearch.org/doc/msearch-doingsearch.html for details
up
0
GneralTsao
14 years ago
One useful parameter not documented above is UDM_PARAM_SYNONYM.  If you understand how this API works in general, you should be able to figure it out, but here goes anyway:

<?php
/* Make sure that PHP is able to find the file.  Unlike mnogosearch's indexer and search.cgi, it doesn't know the directory of the installation. */
$synFile="/usr/local/mnogosearch/etc/synonym/english.syn";
udm_set_agent_param($agent, UDM_PARAM_SYNONYM, $synFile);
?>

Piece of cake.

For more about mnogosearch's handling of synonyms see http://www.mnogosearch.org/doc/msearch-fuzzy.html#synonyms
up
-1
ywarnier at beeznest dot org
13 years ago
Other possible session parameters not documented but found in the default php frontend on http://www.mnogosearch.org:
UDM_PARAM_BROWSER_CHARSET - ?
UDM_PARAM_HLBEG - defines the tag to use before an highlighted search term
UDM_PARAM_HLBEG  - defines the tag to use after an highlighted search term
UDM_PARAM_QSTRING - defines the search term (or query string)
UDM_PARAM_REMOTE_ADDR - ?
UDM_PARAM_QUERY - ?
UDM_PARAM_STORED - ?
UDM_PARAM_GROUPBYSITE - toggles the "group by site" feature (UDM_ENABLED or UDM_DISABLED)
UDM_PARAM_SITEID - ?
UDM_PARAM_DETECT_CLONES - enable the "detect clone" feature (UDM_ENABLED or UDM_DISABLED)
To Top