PHP 7.4.0RC2 Released!

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

Ingres 設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
ingres.allow_persistent "1" PHP_INI_SYSTEM ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.array_index_start "1" PHP_INI_ALL ingres 1.4.0 以降で使用可能です。
ingres.auto "1" PHP_INI_ALL ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.blob_segment_length "4096" PHP_INI_ALL ingres 1.2.0 以降で使用可能です。
ingres.cursor_mode "0" PHP_INI_ALL ingres 1.1.0 以降で使用可能です。
ingres.default_database NULL PHP_INI_ALL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.default_password NULL PHP_INI_ALL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.default_user NULL PHP_INI_ALL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.describe 1 PHP_INI_ALL ingres 2.1.0 以降で使用可能です。
ingres.fetch_buffer_size 100 PHP_INI_ALL ingres 2.1.0 以降で使用可能です。
ingres.max_links "-1" PHP_INI_SYSTEM ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.max_persistent "-1" PHP_INI_SYSTEM ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.reuse_connection "1" PHP_INI_ALL ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.scrollable "1" PHP_INI_ALL ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.trace "0" PHP_INI_ALL ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.trace_connect "0" PHP_INI_ALL ingres 1.2.1 以降で使用可能です。
ingres.utf8 "1" PHP_INI_ALL ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

ingres.allow_persistent boolean

Ingres への 持続的接続 を許可するかどうかを設定します。

ingres.array_index_start integer

ingres_fetch_row() あるいは ingres_fetch_array() が生成する配列の整数キーの開始値を指定します。 デフォルトでは ingres.array_index_start は 1 となります。ingres 拡張モジュールの動作を他のデータベース用の拡張モジュールとそろえるには、 これを 0 に設定します。

ingres.auto boolean

自動コミットのエミュレート機能を有効あるいは無効にします。 Ingres で複数のカーソルを開くには、自動コミットを有効にしなければなりません。 これを有効にすると、ドライバが自動コミット機能をエミュレートします。

ingres.blob_segment_length integer

BLOB データの読み込み時に使用するメモリの量をバイト単位で指定します。

ingres.cursor_mode integer

ingres_prepare() でカーソルを開く際のデフォルトのモードを指定します。 INGRES_CURSOR_UPDATE あるいは INGRES_CURSOR_READONLY のいずれかです。

ingres.default_database string

データベースサーバーへの接続時に名前を指定しなかった場合に使用する デフォルトのデータベース名を指定します。 SQL セーフモード の場合は適用されません。

ingres.default_password string

データベースサーバーへの接続時に名前を指定しなかった場合に使用する デフォルトのパスワードを指定します。 SQL セーフモード の場合は適用されません。

ingres.default_user string

データベースサーバーへの接続時に名前を指定しなかった場合に使用する デフォルトのユーザー名を指定します。 SQL セーフモード の場合は適用されません。

ingres.describe boolean

パラメータを使うクエリで期待しているデータ型を DESCRIBE INPUT で調べられるようにします。 Ingres 9.1.0 以降で使用可能です。無効にすると、パラメータつきクエリを渡された場合に ingres_query()types パラメータで型を自分で調べなければならなくなります。

注意:

この機能を有効にして ingres_query() を使用すると、 この拡張モジュールとサーバーとの間でのトラフィックが増加します。 トラフィックの増加を最小限に抑えるには、ingres_prepare() および ingres_execute() を使用します。

ingres.fetch_buffer_size integer

ingres_fetch_array()ingres_fetch_object() および ingres_fetch_row() が一度のフェッチ操作で事前取得を試みる行数を指定します。

プロセス単位あるいはスレッド単位で使用できる Ingres セッションの最大数を指定します。 このセッション数は、Ingres で設定されている接続セッション数の総数を超えてはいけません。

ingres.max_persistent integer

プロセス単位あるいはスレッド単位で使用できる持続的 Ingres セッションの最大数を指定します。 このセッション数は、Ingres で設定されている接続セッション数の総数を超えてはいけません。

ingres.reuse_connection boolean

同一データベースへの同一ユーザー名での接続があった場合に、 既存のアクティブな接続を再利用します。

ingres.scrollable boolean

スクロール可能なカーソルのサポートを有効にします。CLOB あるいは BLOB データを取得する際にはこれを FALSE にしておかなければなりません。 Ingres 9.2.0 以降で使用可能です。

ingres.trace boolean

E_NOTICE メッセージによるシンプルなトレース機能を有効にします。

ingres.trace_connect boolean

ingres_connect() あるいは ingres_pconnect() のコール時に E_NOTICE メッセージを表示します。

ingres.utf8 boolean

National Character 型のカラム (NVARCHAR あるいは NCHAR) に渡された文字列が UTF8 エンコーディングを使用しているものとみなし、 サーバー用に UTF16 に変換します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top