PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

以下の定数が、maxdb_options() で使用するために定義されています。これらの定数についての詳細な情報は » http://maxdb.sap.com/documentation/ を参照ください。

MaxDB PHP クライアント定数
定数 説明
MAXDB_COMPNAME SQLDBC ランタイム環境を初期化するために使用するコンポーネント名。
MAXDB_APPLICATION データベースに接続しているアプリケーション。
MAXDB_APPVERSION アプリケーションのバージョン。
MAXDB_SQLMODE SQL モード。
MAXDB_UNICODE unicode (UCS2) クライアントによる接続の場合に TRUE、そうでない場合に FALSE
MAXDB_TIMEOUT データベースへの接続がシステムによって閉じられるまでの 最大無活動時間。
MAXDB_ISOLATIONLEVEL 共有ロックおよび排他ロックを暗黙的に要求/開放するかどうか、 またどのように行うかを指定します。
MAXDB_PACKETCOUNT 接続に使用するリクエストパケットの数。
MAXDB_STATEMENTCACHESIZE 接続内での再利用のためにキャッシュされるプリペアドステートメントの数。
MAXDB_CURSORPREFIX 自動的に命名される結果テーブルに使用するプレフィックス。

maxdb_fetch_array() 関数は、 結果の配列の型を指定するために定数を使用します。 以下の定数が定義されています。

MaxDB フェッチ定数
定数 説明
MAXDB_ASSOC フィールド名をインデックスとする配列で、カラムを返します。
MAXDB_ASSOC_UPPER 大文字に変換したフィールド名をインデックスとする配列で、 カラムを返します。
MAXDB_ASSOC_LOWER 小文字に変換したフィールド名をインデックスとする配列で、 カラムを返します。
MAXDB_BOTH 数値インデックスおよびフィールド名インデックスの両方を含む配列で、 カラムを返します。
MAXDB_NUM フィールドの数値インデックスを持つ配列で、カラムを返します。 インデックスは 0 から始まり、これが結果の最初のフィールドを表します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top