PHP 7.4.8 Released!

Mongo::getPoolSize

(PECL mongo >=1.2.0)

Mongo::getPoolSize接続プールのサイズを取得する

説明

public static Mongo::getPoolSize ( void ) : int
警告

この機能は、バージョン 1.2.3 からは非推奨となります。 この機能に依存してはいけません。かわりに MongoPool::getSize() を使いましょう。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

現在のプールのサイズを返します。

変更履歴

バージョン 説明
1.2.11 E_DEPRECATED を発行するようになりました。

例1 プールサイズの変更

これは、デフォルトのプールのサイズを返してから新しいプールのサイズを設定し、 新しいプールのサイズとプールのデバッグ情報を表示します。 プールサイズの変更はそれ以降の新しい接続プールに対してのみ有効となり、 既存のプールのサイズは変わらないことに注意しましょう。

<?php

$connection 
= new Mongo("host1");

// プールサイズは -1
echo "プールサイズ: ".MongoPool::getSize()."\n";

echo 
"プールサイズを 200 に設定します\n";

Mongo::setPoolSize(200);

// プールサイズは 200
echo "プールサイズ: ".MongoPool::getSize()."\n";

$conn2 = new Mongo("host2");

// host1 の残りは -2
// host2 の残りは 199
var_dump(Mongo::poolDebug());

?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top