PHP 7.4.0 alpha 3 Released

MongoCollection::getReadPreference

(PECL mongo >=1.3.0)

MongoCollection::getReadPreferenceこのコレクションの優先読み込みを取得する

説明

public MongoCollection::getReadPreference ( void ) : array

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

この関数は、優先読み込みに関する配列を返します。配列に含まれる内容は、type (優先読み込みモードを表す文字列。MongoClient の定数に対応)、そして tagsets (すべてのタグセット条件のリスト) です。タグセットを指定しなかった場合は、tagsets は存在しません。

変更履歴

バージョン 説明
1.3.3 返り値が変わり、 MongoCollection::setReadPreference() との整合性があるものになりました。 type の値は数字から文字列に変わり、 type_string は削除され、そして tagsets はコロン区切りの文字列ではなくキー/値のペアでタグを表すようになりました。

例1 MongoCollection::getReadPreference() の返り値の例

<?php

$m 
= new MongoClient();
$c $m->test->users;
$c->setReadPreference(MongoClient::RP_SECONDARY, array(
    array(
'dc' => 'east''use' => 'reporting'),
    array(
'dc' => 'west'),
    array(),
));
var_dump($c->getReadPreference());
?>

上の例の出力は以下となります。

array(2) {
  ["type"]=>
  string(9) "secondary"
  ["tagsets"]=>
  array(3) {
    [0]=>
    array(2) {
      ["dc"]=>
      string(4) "east"
      ["use"]=>
      string(9) "reporting"
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["dc"]=>
      string(7) "west"
    }
    [2]=>
    array(0) {
    }
  }
}

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top