PHP 7.4.9 Released!

MongoDB::repair

(PECL mongo >=0.9.0)

MongoDB::repairこのデータベースを修復・圧縮する

説明

public MongoDB::repair ([ bool $preserve_cloned_files = FALSE [, bool $backup_original_files = FALSE ]] ) : array

これは、データベースのすべてのデータの最新コピーを作成します。 壊れたデータは削除し、データを圧縮して空き領域を拡大します。 大きなデータベースでは非常に長い時間がかかります。

通常はシェルやコマンドラインから実行し、ドライバから実行することはありません。

これは、次の関数と同じ意味です。

<?php

public function repair() {
    return 
$this->command(array('repairDatabase' => 1));
}

?>

パラメータ

preserve_cloned_files

修復に失敗した場合に、コピーしたファイルを保持します。

backup_original_files

元ファイルをバックアップするかどうか。

返り値

データベースの応答を返します。

参考

MongoDB コアドキュメントの » repairDatabase を参照ください。

例1 MongoDB::repair() の例

この例は、データベースを修復・圧縮する方法を示します。

<?php

$db 
$mongo->foo;

$response $db->repair();
print_r($response);

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [ok] => 1
)
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top