International PHP Conference Berlin 2021

MongoDeleteBatch::__construct

(PECL mongo >= 1.5.0)

MongoDeleteBatch::__constructDescription

説明

public MongoDeleteBatch::__construct ( MongoCollection $collection , array $write_options = ? )

Constructs a batch of DELETE operations. See MongoWriteBatch.

パラメータ

collection

バッチを実行する MongoCollection確認付き書き込み をコピーして、デフォルトとして使います。$write_options で指定したり、MongoWriteBatch::execute() で指定したりすることもできます。

write_options

書き込みオプションの配列。

キー
w (int|string)WriteConcern の値
wtimeout (int)レプリケーションを待つ時間の最大値
orderedMongoDB にこのバッチを順番どおりに実行させるのかどうかを指定する。順番どおりの書き込みはシリアルに (一度に一行ずつ) 実行され、最初にエラーが発生した時点で実行は中断する。順番どおりでない書き込みはパラレルに実行され、エラーが発生しても処理は中断しない。デフォルトは true
j (bool)プライマリーへのジャーナリングを待つかどうか。これは非推奨なので、かわりに確認付き書き込みを使うこと
fsync (bool)プライマリーへの fsync を待つかどうか。これは非推奨なので、かわりに確認付き書き込みを使うこと

返り値

A new MongoDeleteBatch.

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top