PHPerKaigi 2020

MySQLi 拡張機能の基本的な例

ここで示す例は、接続し、クエリを実行し、基本的なエラー処理を行い、 結果の行を出力し、MySQL データベースから切断するまでの方法を示しています。

この例は » dev.mysql.com, as described here からダウンロードでき、フリーで利用できる Sakila データベースを使っています。 この例を動作させるためには、(a) sakila をインストールする か、(b) 接続のための変数(ホスト名、 ユーザ名、パスワード)を書き換えるかしてください。

例1 MySQLi 拡張機能のおおまかな使用例

<?php
// Let's pass in a $_GET variable to our example, in this case
// it's aid for actor_id in our Sakila database. Let's make it
// default to 1, and cast it to an integer as to avoid SQL injection
// and/or related security problems. Handling all of this goes beyond
// the scope of this simple example. Example:
//   http://example.org/script.php?aid=42
if (isset($_GET['aid']) && is_numeric($_GET['aid'])) {
    
$aid = (int) $_GET['aid'];
} else {
    
$aid 1;
}

// sakila という名前の MySQL データベースを選択肢、接続します。
// ホスト名: 127.0.0.1, ユーザ名: your_user, パスワード: your_pass, db: sakila
$mysqli = new mysqli('127.0.0.1''your_user''your_pass''sakila');

// あらやだ! connect_errno が存在するので、接続に失敗したようです!
if ($mysqli->connect_errno) {
    
// 接続に失敗しました。何をしたいですか?
    // あなた自身に問い合わせを投げる(emailで?) か、エラーをロギングするか、
    // ナイスなページを表示するなど、ですね。
    // 秘密の情報を晒したくはありませんよね

    // 次を試してみてください
    
echo "Sorry, this website is experiencing problems.";

    
// 公開されているサイトでやるべきではありませんが、
    // 次の例でとりあえず示すのは、MySQL エラー関連情報です -- ロギングしたいかもしれまえせん。
    
echo "Error: Failed to make a MySQL connection, here is why: \n";
    echo 
"Errno: " $mysqli->connect_errno "\n";
    echo 
"Error: " $mysqli->connect_error "\n";
    
    
// 何かナイスなものを表示したら、単純に exit します。
    
exit;
}

// SQLクエリを実行します。
$sql "SELECT actor_id, first_name, last_name FROM actor WHERE actor_id = $aid";
if (!
$result $mysqli->query($sql)) {
    
// あらやだ! クエリが失敗しちゃいました。
    
echo "Sorry, the website is experiencing problems.";

    
// Again, do not do this on a public site, but we'll show you how
    // to get the error information

    // 再度になりますが、これを公開されているサイトでやってはいけませんが、
    // とりあえずエラー情報を取得する方法を示します。
    
echo "Error: Our query failed to execute and here is why: \n";
    echo 
"Query: " $sql "\n";
    echo 
"Errno: " $mysqli->errno "\n";
    echo 
"Error: " $mysqli->error "\n";
    exit;
}

// やりました。MySQLへの接続とクエリに成功しました。
// さて、結果はあるのでしょうか?
if ($result->num_rows === 0) {
    
// あらやだ! 行がなありません。これが期待通りで、OKの場合もありますし、
    // そうでない場合もあります。この場合は、actor_id が大きすぎることにしましょうか?
    
echo "We could not find a match for ID $aid, sorry about that. Please try again.";
    exit;
}

// この例では、結果が一行しかないことを知っていることにします。
// よって、それを連想配列で取得しましょう。連想配列のキーは、テーブルのカラム名です。
$actor $result->fetch_assoc();
echo 
"Sometimes I see " $actor['first_name'] . " " $actor['last_name'] . " on TV.";

// さて、5つのランダムな actor を取得し、名前を一覧にして出力しましょう。
// ここでは、あなたが自分で追加できるように、エラーハンドリングを少し少なくしておきます。
$sql "SELECT actor_id, first_name, last_name FROM actor ORDER BY rand() LIMIT 5";
if (!
$result $mysqli->query($sql)) {
    echo 
"Sorry, the website is experiencing problems.";
    exit;
}

// actor ごとにリンクを追加しつつ、5人の actor をランダムに一覧にして出力します。
echo "<ul>\n";
while (
$actor $result->fetch_assoc()) {
    echo 
"<li><a href='" $_SERVER['SCRIPT_FILENAME'] . "?aid=" $actor['actor_id'] . "'>\n";
    echo 
$actor['first_name'] . ' ' $actor['last_name'];
    echo 
"</a></li>\n";
}
echo 
"</ul>\n";

// The script will automatically free the result and close the MySQL
// connection when it exits, but let's just do it anyways

// スクリプトは終了する時に自動で結果を解放し、MySQL 接続を閉じますが、
// ここではそれをとにかくやってみましょう。
$result->free();
$mysqli->close();
?>
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top