PHP 7.3.14 Released

オプション用の定数

関数 kadm5_create_principal()kadm5_modify_principal() および kadm5_get_principal() では、プリンシパルの オプションを連想配列形式で指定したり関数の返り値として 受け取ったりできます。連想配列のキーは、以下で定義されている 文字列定数となります。

プリンシパルを作成/変更/取得する際のオプション
定数 説明
KADM5_PRINCIPAL long プリンシパルの有効期限を Kerberos タイムスタンプで指定します。
KADM5_PRINC_EXPIRE_TIME long プリンシパルの有効期限を Kerberos タイムスタンプで指定します。
KADM5_LAST_PW_CHANGE long プリンシパルのパスワードが最後に変更された時刻。
KADM5_PW_EXPIRATION long プリンシパルの現在のパスワードの有効期限を Kerberos タイムスタンプで指定します。
KADM5_MAX_LIFE long このプリンシパルに発行された Kerberos チケットの最大の生存時間。
KADM5_MAX_RLIFE long このプリンシパルに発行された Kerberos チケットの最大の 更新可能生存時間。
KADM5_MOD_NAME string 最後にこのプリンシパルを変更した Kerberos プリンシパルの名前。
KADM5_MOD_TIME long このプリンシパルの最終更新時刻を Kerberos タイムスタンプ形式で指定します。
KADM5_KVNO long プリンシパルの現在のキーのバージョン。
KADM5_POLICY string このプリンシパルを制御するポリシーの名前。
KADM5_CLEARPOLICY long 新しいプリンシパルの「デフォルトの」ポリシーには 標準手続きが関連付けられます。 KADM5_CLEARPOLICY は、この挙動を抑制します。
KADM5_LAST_SUCCESS long 最後に AS_REQ が成功したときの KDC 時刻。
KADM5_LAST_FAILED long 最後に AS_REQ が失敗したときの KDC 時刻。
KADM5_FAIL_AUTH_COUNT long AS_REQ が連続して失敗した数。
KADM5_RANDKEY long プリンシパルに対してランダムなパスワードを生成します。 パラメータ password は無視されます。
KADM5_ATTRIBUTES long KDC が使用する属性のビットフィールド。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top