MaxDB 関数

定義済みクラス

maxdb

PHP と MaxDB データベースとの間の接続を表します。

コンストラクタ

  • maxdb - 新しい maxdb オブジェクトを作成する

メソッド

  • autocommit - データベースの変更内容の自動コミット機能を有効あるいは無効にする

  • change_user - 指定したデータベース接続のユーザー名を変更する

  • character_set_name - データベース接続のデフォルト文字セットを返す

  • close - 事前にオープンされた接続を閉じる

  • commit - 現在のトランザクションをコミットする

  • connect - MaxDB データベースサーバーへの新しい接続をオープンする

  • debug - デバッグ操作を実行する

  • dump_debug_info - デバッグ情報を出力する

  • get_client_info - クライアントのバージョンを返す

  • get_host_info - 使用している接続の型を返す

  • get_server_info - MaxDB サーバーのバージョンを返す

  • get_server_version - MaxDB サーバーのバージョンを返す

  • init - maxdb オブジェクトを初期化する

  • info - 直近で実行されたクエリの情報を取得する

  • kill - MaxDB スレッドの終了をサーバーに要求する

  • multi_query - 複数のクエリを実行する

  • more_results - 現在実行している複数クエリに次の結果があるかどうかを調べる

  • next_result - 現在実行している複数クエリの次の結果を読み込む

  • options - オプションを設定する

  • ping - サーバーとの接続を確認し、接続されていない場合には再接続する

  • prepare - SQL クエリを準備する

  • query - クエリを実行する

  • real_connect - MaxDB データベースサーバーとの接続をオープンする

  • escape_string - 接続の現在の文字セットを考慮したうえで、SQL 文で使用する文字列の特殊文字をエスケープする

  • rollback - 現在のトランザクションをロールバックする

  • select_db - デフォルトのデータベースを選択する

  • ssl_set - ssl パラメータを設定する

  • stat - 現在のシステム状態を取得する

  • stmt_init- maxdb_stmt_prepare で使用するステートメントを初期化する

  • store_result - 最後に実行したクエリの結果を転送する

  • use_result - 最後に実行したクエリのバッファ化されていない結果を転送する

  • thread-safe - スレッドセーフかどうかを返す

プロパティ

  • affected_rows - 直前の MaxDB 操作で変更された行数を取得する

  • client_info - MaxDB クライアントのバージョンを文字列で返す

  • client_version - MaxDB クライアントのバージョンを整数で返す

  • errno - 直近の関数コールのエラーコードを返す

  • error - 直近の関数コールのエラー文字列を返す

  • field_count - 直近のクエリのカラム数を返す

  • host_info - 使用している接続の型を表す文字列を返す

  • info - 直近に実行されたクエリについての情報を取得する

  • insert_id - 直近のクエリで使用した自動生成 ID を返す

  • protocol_version - 使用している MaxDB プロトコルのバージョンを返す

  • sqlstate - 直近のエラーについての SQLSTATE エラーコードを含む文字列を返す

  • thread_id - 現在の接続のスレッド ID を返す

  • warning_count - 直前の SQL 文の実行中に発生した警告の数を返す

maxdb_stmt

プリペアドステートメントを表します。

メソッド

  • bind_param - プリペアドステートメントに変数をバインドする

  • bind_result - 結果を保存するために、プリペアドステートメントに変数をバインドする

  • close - プリペアドステートメントを閉じる

  • data-seek - ステートメントの結果セットの任意の行に移動する

  • execute - プリペアドステートメントを実行する

  • fetch - プリペアドステートメントから結果を取得してバインド変数に保存する

  • free_result - 指定したステートメントハンドルの結果メモリを開放する

  • result_metadata - プリペアドステートメントからメタデータ情報の結果セットを取得する

  • prepare - SQL クエリを準備する

  • send_long_data - データをチャンクに送る

  • close_long_data - long データの送信を終了する

  • reset - プリペアドステートメントをリセットする

  • store_result - プリペアドステートメントから結果セット全体をバッファに保存する

プロパティ

  • affected_rows - 直近のステートメントの実行で変更された行数を返す

  • errno - 直近のステートメント関数のエラーコードを返す

  • errno - 直近のステートメントkな数のエラーメッセージを返す

  • param_count - 指定したプリペアドステートメントのパラメータの数を返す

  • sqlstate - 直近のステートメント関数の SQLSTATE エラーコードを含む文字列を返す

maxdb_result

データベースに対するクエリによって取得した結果セットを表します。

メソッド

  • close - 結果セットを閉じる

  • data_seek - 内部結果ポインタを移動する

  • fetch_field - 結果セットからカラム情報を取得する

  • fetch_fields - 結果セットの全てのカラムの情報を取得する

  • fetch_field_direct - 指定したカラムの情報を取得する

  • fetch_array - 連想配列、数値添字配列あるいはその両方で結果の行を取得する

  • fetch_assoc - 結果の行を連想配列で取得する

  • fetch_object - 結果の行をオブジェクトとして取得する

  • fetch_row - 結果の行を数値添字の配列で取得する

  • close - 結果のメモリを開放する

  • field_seek - 指定したフィールドオフセットに結果ポインタを移動する

プロパティ

  • current_field - 現在のフィールドポインタのオフセットを返す

  • field_count - 結果セットのフィールド数を返す

  • lengths - カラムの長さの配列を返す

  • num_rows - 結果セットの行数を返す

目次

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
Sven
13 years ago
Installation procedure of the maxdb - php module might be a bit troublesome for some part. Me, among others (judjing by forum threads) have managed to get problems when trying to install the maxdb-php module whithout any errorcodes. Making it hard to fix..:) 
however, the ODBC-version of MaxDB / SapDB shouldn't be any troubles installing. There's a guide for this at the page:
http://maxdb.yapabout.com/viewtopic.php?t=21

Ofcourse, then the PHP ODBC should be used, not the MaxDB -php version.
To Top