LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

SQLite 関数

定義済みクラス

SQLiteDatabase

オープンされている SQLite データベースを表す

コンストラクタ

  • __construct - 新規 SQLiteDatabase オブジェクトを生成する

メソッド

  • query - クエリを実行する
  • queryExec - 結果を返さないクエリを実行する
  • arrayQuery - クエリを実行し、結果を配列として返す
  • singleQuery - クエリを実行し、単一カラムに対する配列もしくは先頭行の値を返す
  • unbufferedQuery - バッファされていないクエリを実行する
  • lastInsertRowid - 直近に挿入された行の行 ID を返す
  • changes - 直近のステートメントにより更新された行数を返す
  • createAggregate - SQL ステートメントで使用する集約 UDF を登録する
  • createFunction - SQL ステートメントで使用する UDF を登録する
  • busyTimeout - ビジータイムアウト時間を設定または無効にする
  • lastError - 直近に発生したエラーのエラーコードを返す
  • fetchColumnTypes - 特定のテーブルからカラム型の配列を返す

SQLiteResult

バッファされた SQLite の結果セットを表す

メソッド

  • fetch - 結果セットから次行を配列として取得する
  • fetchObject - 結果セットから次行をオブジェクトとして取得する
  • fetchSingle - 結果セットから先頭カラムを文字列として取得する
  • fetchAll - 結果セットから全行を配列の配列として取得する
  • column - 結果セットの現在行からカラムを取得する
  • numFields - 結果セット内のフィールド数を返す
  • fieldName - 結果セット内の特定フィールドの名前を返す
  • current - 結果セットから現在行を配列として取得する
  • key - 現在行のインデックスを返す
  • next - 次の行番号へシークする
  • valid - まだ行が残っているかどうかを返す
  • rewind - 結果セットの先頭の行番号へシークする
  • prev - 結果セットの前の行番号へシークする
  • hasPrev - 前の行が利用可能かどうかを返す
  • numRows - 結果セットの行数を返す
  • seek - 特定の行番号へシークする

SQLiteUnbuffered

バッファされていない SQLite 結果セットを表します。 バッファされていない結果セットはシーケンシャルで、前方シークのみ可能です。

メソッド

  • fetch - 結果セットから次行を配列として取得する
  • fetchObject - 結果セットから次行をオブジェクトとして取得する
  • fetchSingle - 結果セットから先頭カラムを文字列として取得する
  • fetchAll - 結果セットから全行を配列の配列として取得する
  • column - 結果セットの現在行からカラムを取得する
  • numFields - 結果セット内のフィールド数を返す
  • fieldName - 結果セット内の特定フィールドの名前を返す
  • current - 結果セットから現在行を配列として取得する
  • next - 次の行番号へシークする
  • valid - まだ行が残っているかどうかを返す

目次

  • sqlite_array_query — 指定したデータベースに対してクエリを実行し、配列を返す
  • sqlite_busy_timeout — ビジータイムアウト時間を設定またはビジーハンドラを無効にする
  • sqlite_changes — 直近のSQLステートメントにより変更されたレコード数を返す
  • sqlite_close — オープンされたSQLiteデータベースを閉じる
  • sqlite_column — カレントの結果セットのレコードからカラムを1列取得する
  • sqlite_create_aggregate — SQLステートメントで使用する集約UDFを登録する
  • sqlite_create_function — SQLステートメントで使用するために"通常の"ユーザー定義関数を登録する
  • sqlite_current — 結果セットからカレントのレコードを配列として取得する
  • sqlite_error_string — エラーコードの説明を返す
  • sqlite_escape_string — クエリパラメータ用に文字列をエスケープする
  • sqlite_exec — 与えられたデータベースに対して結果を伴わないクエリを実行する
  • sqlite_factory — SQLite データベースをオープンし、SQLiteDatabse オブジェクトを返す
  • sqlite_fetch_all — 結果セットから全てのレコードを配列の配列として取得する
  • sqlite_fetch_array — 結果セットから次のレコードを配列として取得する
  • sqlite_fetch_column_types — 特定のテーブルからカラム型の配列を返す
  • sqlite_fetch_object — 結果セットから次の行をオブジェクトとして取得する
  • sqlite_fetch_single — 結果セットの最初のカラムを文字列として取得する
  • sqlite_fetch_string — sqlite_fetch_single のエイリアス
  • sqlite_field_name — 特定のフィールドの名前を返す
  • sqlite_has_more — まだレコードがあるかないかを返す
  • sqlite_has_prev — 前のレコードがあるかどうかを返す
  • sqlite_key — カレントレコードのインデックスを返す
  • sqlite_last_error — データベースに関する直近のエラーコードを返す
  • sqlite_last_insert_rowid — 直近に挿入されたレコードのrowidを返す
  • sqlite_libencoding — リンクされているSQLiteライブラリのエンコーディングを返す
  • sqlite_libversion — リンクされているSQLiteライブラリのバージョンを返す
  • sqlite_next — 次のレコード番号へシークする
  • sqlite_num_fields — 結果セットのフィールド数を返す
  • sqlite_num_rows — 結果セットのレコード数を返す
  • sqlite_open — SQLiteデータベースをオープンする。データベースが存在しない場合は作 成する
  • sqlite_popen — SQLiteデータベースへの持続的ハンドルをオープンする。存在しない場合 には、データベースを作成する
  • sqlite_prev — 結果セットの前のレコード番号へシークする
  • sqlite_query — 指定したデータベースに対してクエリを実行し、結果ハンドル を返す
  • sqlite_rewind — 先頭レコード番号へシークする
  • sqlite_seek — 特定のレコード番号へシークする
  • sqlite_single_query — クエリを実行し、単一カラムもしくは先頭レコードの値に対する配列を返す
  • sqlite_udf_decode_binary — UDFにパラメータとして渡されたバイナリデータをデコードする
  • sqlite_udf_encode_binary — UDFから返す前にバイナリデータをエンコードする
  • sqlite_unbuffered_query — 事前取得していないクエリを実行し、全てのデータをバッファリングする
  • sqlite_valid — まだレコードが残っているかどうかを返す
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top