PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

メッセージ

キューとのメッセージの送受信を行うのが SAMMessage オブジェクトです。 SAMMessage オブジェクトは、メッセージ本文 (もしあれば) とそのメッセージに関連するヘッダプロパティをカプセル化します。 SAMMessage オブジェクトは、メッセージング操作の際のパラメータ、 そしてその返り値の両方に用いられます。

例1 単純なテキストのメッセージの作成

<?php
$msg 
= new SAMMessage('This is a simple text message');
?>

メッセージにはヘッダプロパティを関連付けることができます。 これは、メッセージの配送方法を制御したり、 受け取り側のアプリケーションに詳しい情報を提供したりするものです。 デフォルトでは、メッセージのプロパティは文字列として配送されます。 この場合は、プロパティを設定する際に次のような簡単な構文を使用します。

例2 デフォルト構文による、テキスト形式のプロパティの設定

<?php
$msg
->header->myPropertyName 'textData';
?>

デフォルト以外の構文で使用する型情報を渡す場合は、値と型情報を連想配列で渡します。

例3 型ヒントを使用したプロパティの設定

<?php
$msg
->header->myPropertyName = array(3.14159SAM_FLOAT);
?>

プロパティは、メッセージのヘッダから取り出すことができます。

例4 メッセージのヘッダからのプロパティの取得

<?php
$myProperty 
$msg->header->myPropertyName;
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top