SunshinePHP 2020 CFP Started

配信/購読およびトピックの購読

SAM では、メッセージをキューに送信するか、あるいは WebSphere MQ および WPM ではトピックに配信/購読することができます。 トピックを SAM に指定するには、場所を指定する際に 'queue://AQUEUE' ではなく 'topic://fred' 形式を使用します。 配信/購読 機能を使用するには、正しいブローカ名を CAMConnect の "connect" コール時に指定し、対象のトピックを SAMConnect の "send" および "receive" コール時に指定する必要があります。 それ以外については、PHP のインターフェイスは point to point モデルと同じです。

デフォルトでは、SAM は永続的でない購読を作成して配信/購読を行います。 つまり、メッセージをトピックに配信しているときにクライアントアプリケーションがアクティブでなくなると、 その後アプリケーションが再開しても受信処理は行われないということです。 WPM あるいは WebSphere MQ の配信/購読 を使用している場合は、 SAM でトピックへの永続的な購読を作成することができます。 こうすると、データの配信時にクライアントがアクティブでなかったとしても、 アプリケーションでデータを受信することができるようになります。

永続的な購読を指定するには SAMConnect の "subscribe" コールを使用します。 このメソッドは、対象となるトピックを入力パラメータとして受け取り、 購読 ID を返します。この ID を使用して、"receive" コールを行います。 購読が不要になった場合は、SAMConnection の "unsubscribe" メソッドを使用して購読を削除します。

例1 トピックに対する永続的な購読の作成

<?php

$subName 
$conn->subscribe('topic://A');

if (!
$subName) {
   echo 
"購読に失敗しました";
} else {
   
# 購読に成功しました
   // ...
}
?>

例2 WebSphere Platform Messaging (WPM) サーバーを使用したトピックの購読

<?php
$conn 
= new SAMConnection();
// 注意: WPM での配信/購読では、永続的な購読を保持するメッセージングエンジン
//      (SAM_WPM_DUR_SUB_HOME) を接続の際に指定する必要があります
$conn->connect(SAM_WMQ, array(SAM_ENDPOINTS => 'localhost:7278:BootstrapBasicMessaging',
                              
SAM_BUS => 'Bus1',
                              
SAM_TARGETCHAIN => 'InboundBasicMessaging',
                              
SAM_WPM_DUR_SUB_HOME => 'MyMachineNode01.server1-Bus1'));

$subName $conn->subscribe('topic://A');

if (!
$subName) {
   echo 
"購読に失敗しました";
} else {
   
# 購読に成功しました
   // ...
}
?>

例3 永続的な購読による、配信されたデータの受信

<?php

$msg 
$conn->receive($subName);
if (
$msg) {
   echo 
"メッセージの受信に成功しました";
} else {
   echo 
"受信に失敗しました";
}

?>

例4 トピックへの永続的な購読の削除

<?php

if (!$conn->unsubscribe($subName)) {
   echo 
"購読解除に失敗しました";
}

?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top