PHP 7.4.0beta4 released!

SAMConnection::send

(PECL sam >= 0.1.0)

SAMConnection::send メッセージをキューに送信、あるいは項目をトピックに投稿する

説明

SAMConnection::send ( string $target , SAMMessage $msg [, array $properties ] ) : string

"send" メソッドを使用して、メッセージを指定したキューに送信したり 指定したトピックに投稿したりします。このメソッドは、 メッセージに返信したり応答したりする際に使用する ID を返します。

パラメータ

target

メッセージを送信する場合はキューの ID (queue://queuename)、 トピックを投稿する場合はトピックの ID (topic://topicname) で、メッセージの配送先を指定します。

msg

送信あるいは投稿するメッセージ。

properties

オプションの連想配列で、受信時の動作を制御するプロパティを指定します。

プロパティ名 とりうる値
SAM_DELIVERYMODE メッセージングサーバーが配送を保障するかどうか、 システム障害時にメッセージが失われることを許可するかどうかを指定します。 SAM_PERSISTENT の場合はメッセージを失うことを許可しません。 SAM_NON_PERSISTENT の場合はメッセージを失うことを許可します。 送信結果の挙動は、PHP スクリプトが接続しているメッセージングサーバーの機能によって変わります。 メッセージの永続化をサポートしていないサーバーで SAM_PERSISTENT を指定した場合は、その機能が存在しないというエラーを発生させて処理が失敗します。
SAM_PRIORITY 0 から 9 までの数値で、メッセージの配送の優先度を指定します。 0 は優先度が最低であること、9 は優先度が最高であることを表します。 優先度を指定しなかった場合はデフォルト値が割り当てられます。 デフォルト値は、使用するメッセージングサーバーによって異なります。
SAM_CORRELID このメッセージの相関 ID として割り当てる文字列。 指定しなかった場合は、メッセージングサーバーが値を自動的に割り当てます。
SAM_TIMETOLIVE メッセージングサーバーがキューにメッセージを残し続ける期間をミリ秒で指定します。 デフォルト値は 0 で、これはメッセージをずっと残し続けることを意味します。
SAM_WMQ_TARGET_CLIENT このプロパティは WebSphere MQ を使用する場合にのみ有効で、 RFH2 ヘッダをメッセージに含めるかどうかを指定します。 設定できる値は 'jms' あるいは 'mq' のいずれかです。 デフォルトは 'jms' で、これは RFH2 ヘッダを含めることを意味します。 'mq' を指定すると、メッセージに RFH2 が含まれないようになります。

返り値

ID を文字列で返します。返信や応答を取得する際にこの文字列を使用します。 エラーが発生した場合には FALSE を返します。

注意:

ID が返されるのは、メッセージが送信先キュー (queue://xxxx) に正常に送信できた場合のみで、キュー上のメッセージの ID となります。 トピックにメッセージを投稿するために send を使用した場合の返り値は TRUE となり、ID は返されません。

例1 キューへのメッセージの送信

<?php
$msg 
= new SAMMessage('This is a simple text message');
$correlId $conn->send('queue://send/test'$msg);
if (!
$correlId) {
    
// 送信に失敗しました!
    
echo "Send failed ($conn->errno$conn->error";
}

?>

例2 トピックへのメッセージの投稿

<?php
$msg 
= new SAMMessage('This is a simple text item');
if (!
$conn->send('topic://test'$msg)) {
    
// 送信に失敗しました!
    
echo "Send failed ($conn->errno$conn->error";
}
?>

例3 リクエストの送信と応答の受信

<?php
$msg 
= new SAMMessage('This is a simple text message');
$msg->header->SAM_REPLY_TO 'queue://receive/test';
$correlid $conn->send('queue://send/test'$msg);

if (!
$correlid) {
    
// 送信に失敗しました!
    
echo "Send failed ($conn->errno$conn->error";
} else {
    
$resp $conn->receive('queue://receive/test', array(SAM_CORRELID => $correlid));
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top