SunshinePHP 2020 CFP Started

SAMConnection::setDebug

(PECL sam >= 1.1.0)

SAMConnection::setDebug 追加のデバッグ出力を有効あるいは無効にする

説明

"setdebug" メソッドを使用して、追加のデバッグ出力を有効あるいは無効にします。 SAM フレームワークは、メソッド/関数 エントリや終了トレースデータなどの追加情報を提供します。 プロトコル固有の実装についても追加出力として提供します。

SAMConnection::setDebug ( bool $switch ) : void

パラメータ

switch

このパラメータを TRUE にすると、追加のデバッグ出力が行われます。 値を FALSE にすると、追加情報の出力を停止します。

返り値

値を返しません。

例1 デバッグ出力を有効にする

<?php
$conn
->setdebug(TRUE);
?>

例2 デバッグ出力を無効にする

<?php
$conn
->setdebug(FALSE);
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top