PHP 7.4.0 alpha 1 Released

別のサービスコンポーネントのコール

ConvertedStockQuote の例では、これらのプロキシをコールすることで それぞれが参照するコンポーネントを使用しています。

例1 サービスのコール

<?php
$quote  
$this->stock_quote->getQuote($ticker);
$rate   $this->exchange_rate->getRate($currency);
?>

StockQuote サービスのコールはローカルサービスへのコール、 一方 ExchangeRate サービスのコールはリモートサービスへのコールとなります。 それがローカルサービスであるかリモートサービスであるかにかかわらず、 コール方法は同じようになることに注意しましょう。

プロキシを使用することにより、コンポーネントのコール方法や振る舞いが ローカルであろうがリモートであろうが同じものになることが保証されます。 つまり、コンポーネントをコールする際に それがローカルにあるのかリモートにあるのかを気にしなくてもよいということです。 たとえば、ローカルサービスへのプロキシは、 引数をコピーしてそのコピーのみをサービスに渡します。 これにより、リモートコールの場合と同様に引数が値渡しとなることが保証されるわけです。 またリモートサービスへのプロキシは、受け取ったパラメータを SOAP リクエストのプロパティに変換し、戻ってきた内容を通常のパラメータリストに変換します。

上の例では、$ticker および $currency は明らかに PHP のスカラー型です。 コンポーネントには PHP のスカラー型である string、integer、float および boolean を渡すことができます。しかし、構造化されたデータは常に Service Data Objects (SDO) として渡します。 これ以降では、コンポーネントがどのようにして SDO を作成して ローカルコールやウェブサービスコールに渡すのか、 あるいはどのようにしてコンポーネントが返す SDO を作成するのかについて説明します。 PHP SDO プロジェクトのドキュメントに、SDO API の動作原理についての説明があります (SDO のページ を参照ください)。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top