The 7th Annual China PHP Conference

ウェブサービスとしてのサービスを提供する SCA コンポーネントの WSDL の取得

ウェブサービスのインターフェイスを公開している (つまり、@binding.soap アノテーションを持っている) SCA コンポーネントは、HTTP リクエストのパラメータに "wsdl" を指定されるとその WSDL 定義を返します。 つまり、WSDL を取得する一般的な方法は、URL の最後に "?wsdl" をつけることです。以下の例では、 file_get_contents() を使用してサービスの WSDL を取得し、それをテンポラリファイルに書き出します。 それをもとにして、サービスへのプロキシを取得します。 もちろん、WSDL をブラウザやその他の方法で取得して、自分でそれを保存することも可能です。

例1 作成された WSDL

<?php
$wsdl = file_get_contents('http://www.example.com/Services/Example.php?wsdl');
file_put_contents("service.wsdl",$wsdl); // wsdl をファイルに書き出します
$service = SCA::getService('service.wsdl'); 
?>

注意: wsdl が xsd をインポートしている場合は、 それを個別に取得する必要があります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top