SunshinePHP 2020 CFP Started

WSDL の作成方法について理解する

SCA for PHP は、@service アノテーションの後に @binding.soap アノテーションを含むコンポーネントについての WSDL を作成します。WSDL を作成するために、SCA はコンポーネントの情報を取得し、各 public メソッドの @param アノテーションおよび @return アノテーションの内容を調べます。 また、コンポーネント内の @types アノテーションの内容も調べます。 @param アノテーションおよび @return アノテーションからの情報を基にして、 WSDL の <types> セクションを構築します。また、@types アノテーションによる別のスキーマファイルの指定は、WSDL 内の <import> 要素に変換されます。

<service> 要素の location 属性

WSDL の最後は <service> 要素で、 この要素の location 属性によってサービスの URL を表します。 たとえば、次のようになります。

例1 location 属性

<service name="ConvertedStockQuote"
...
location="http://localhost/ConvertedStockQuote/ConvertedStockQuote.php"/>

この location は、ウェブサーバーのドキュメントルートからの相対位置であることに注意しましょう。 事前に解決することはできません。コンポーネントがウェブサーバー上の適切な場所に配置され、 ホスト名やポート番号がわかった時点ではじめて解決することができます。 WSDL を要求した URL からの情報を使用します。つまり、たとえば http://www.example.com:1111/ConvertedStockQuote/ConvertedStockQuote.php?wsdl へのリクエストの応答として WSDL が作成されたとすると、 WSDL の location 属性には http://www.example.com:1111/ConvertedStockQuote/ConvertedStockQuote.php が挿入されます。

WSDL および位置パラメータをラップするドキュメント/リテラル

SCA for PHP が作成する WSDL は、ドキュメント/リテラル でラップした形式となります。これは、パラメータを囲い込んで 'ラッパー' メソッド型として返すものです。この型は、 対応するメソッドの名前となります。WSDL の先頭にある <types> 要素で、これらのラッパーを定義します。 ConvertedStockQuote のサンプルにおける getQuote() メソッドを考えてみましょう。

例2 ふたつの引数を持つメソッド

<?php
   
/**
     * ティッカーシンボルと通貨を指定して、株価を取得する
     *
     * @param string $ticker ティッカーシンボル。
     * @param string $currency 値を変換する通貨単位。
     * @return float 指定した通貨単位で表した株価。
     */
    
function getQuote($ticker$currency)
    {
        
$quote  $this->stock_quote->getQuote($ticker);
        
$rate   $this->exchange_rate->getRate($currency);
        return  
$rate $quote;
    }
?>

このメソッドの WSDL は、メソッドとパラメータの名前を定義します。 また、パラメータに対応する XML スキーマ型を提供します。 WSDL の types セクションは、このようになります。

例3 パラメータ名を表す types セクション

<types>
    <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
      targetNamespace="http://ConvertedStockQuote">
      <xs:element name="getQuote">
        <xs:complexType>
          <xs:sequence>
            <xs:element name="ticker" type="xs:string"/>
            <xs:element name="currency" type="xs:string"/>
          </xs:sequence>
        </xs:complexType>
      </xs:element>
      <xs:element name="getQuoteResponse">
        <xs:complexType>
          <xs:sequence>
            <xs:element name="getQuoteReturn" type="xs:float"/>
          </xs:sequence>
        </xs:complexType>
      </xs:element>
    </xs:schema>
  </types>

インターフェイス内で順番に指定したパラメータと soap リクエスト内の名前つきパラメータを含む XML を相互変換するために、 SCA ランタイムは特別な処理をします。この件について知るために、 さまざまなインターフェイスを使用する PHP スクリプトが SOAP コールようのパラメータリストをどのように作成するのかを考えてみましょう。 たとえば PHP の SoapClient を使用する PHP スクリプトは、 "ticker" および "currency" の値を指定したひとつのパラメータを SoapClient に渡す必要があります。おそらくこれは連想配列になるでしょう。 SCA コンポーネントがウェブサービス用にパラメータリストを作成する場合は、 相手がローカルであるかリモートであるかによって形式が異なります。 そのため、個別のアプローチが必要となります。

SCA が SCA コンポーネント用の WSDL を作成する際に、 その WSDL が SCA コンポーネントのインターフェイスであることを示すコメントを埋め込みます。 ある SCA コンポーネントが別のコンポーネントをウェブサービスとしてコールするとき、 呼び出し側の SCA ランタイムが受け取るパラメータは、 指定された順番に並べられたリストとなります。 これを、soap メッセージの名前つきパラメータにひとつひとつ割り当てるわけです。 たとえば、上で定義した getQuote() メソッドに値 'IBM' および 'USD' を渡す場合のコール方法は、このようになります。

<?php
  $quote 
$remote_service->getQuote('IBM','USD');
?>

この結果は、次のような soap メッセージになります。

<getQuote>
  <ticker>IBM</ticker>
  <currency>USD</currency>
</getQuote>

サービス提供側の SCA コンポーネントは、soap メッセージから受け取った 名前つきパラメータをひとつひとつ受け取り、順番が指定されたパラメータリスト形式の ('IBM','USD') に再変換します。

警告

どちらの側の SCA ランタイムについても、 soap メッセージ内でのパラメータの登場順が メソッドのパラメータリストの順序と一致していることを前提としています。 これは、@param アノテーションの順序によって決まります。 これが、WSDL 内でのパラメータの登場順と soap メッセージ内でのパラメータの登場順を定義しています。 したがって、@param アノテーションの順序は メソッドのパラメータの順番と一致させておくことが必要不可欠です。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top