PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

TokyoTyrant::putKeep

(PECL tokyo_tyrant >= 0.1.0)

TokyoTyrant::putKeepレコードを書き込む

説明

public TokyoTyrant::putKeep ( mixed $keys [, string $value ] ) : TokyoTyrant

key-value ペアをデータベースに格納します。keys が文字列の場合は、二番目のパラメータ value で値を指定します。 keys が文字列の場合は二番目のパラメータは必須です。 指定したキーがすでに存在する場合は、すでにレコードが存在するという例外をスローします。

パラメータ

keys

文字列のキー、あるいは key-value ペアの配列。

value

文字列の値。

返り値

現在のオブジェクトへの参照を返します。失敗した場合は TokyoTyrantException をスローします。

例1 tokyotyrant::putKeep() の例

<?php
/* データベースのデフォルトポートに接続します */
$tt = new TokyoTyrant("localhost");

/* 新しいキーを作成します */
$tt->put("key""value");

try {
    
$tt->putKeep("key""new value");
} catch (
TokyoTyrantException $e) {
    if (
$e->getCode() === TokyoTyrant::TTE_KEEP) {
        echo 
"Existing record! Not modified\n";
    } else {
        echo 
"Error: " $e->getMessage() , "\n"
    }
}
echo 
$tt->get("key");
?>

上の例の出力は以下となります。

Existing record! Not modified
value

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top