PHP 7.4.0RC4 Released!

TokyoTyrantTable::putKeep

(PECL tokyo_tyrant >= 0.1.0)

TokyoTyrantTable::putKeep新しいレコードを書き込む

説明

public TokyoTyrantTable::putKeep ( string $key , array $columns ) : void

新しいレコードをデータベースに書き込みます。 もしそのキーがすでに存在する場合は、レコードが存在することをあらわす例外をスローします。

パラメータ

key

行の主キー、あるいは NULL

columns

行の内容の配列。

返り値

主キーを返します。エラー時には TokyoTyrantException をスローします。

例1 TokyoTyrantTable::putKeep() の例

<?php
/* テーブルデータベースに接続します */
$tt = new TokyoTyrantTable("localhost"1979);

/* null を渡して新しい uid を生成します */
$index $tt->put(null, array("column1" => "some data""column2" => "more data"));

/* 行を取得します */
var_dump($tt->get($index));

try {
    
$tt->putKeep($index, array("column1" => "something new""new_column" => "other data"));
} catch (
TokyoTyrantException $e) {
    if (
$e->getCode() === TokyoTyrant::TTE_KEEP) {
        echo 
"Existing record! Not modified\n";
    } else {
        echo 
"Error: " $e->getMessage() , "\n"
    }
}

/* 行を取得します */
var_dump($tt->get($index));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

array(2) {
  ["column1"]=>
  string(9) "some data"
  ["column2"]=>
  string(9) "more data"
}
Existing record! Not modified
array(2) {
  ["column1"]=>
  string(9) "some data"
  ["column2"]=>
  string(9) "more data"
}

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top