PHP Conference China 2020
Win32Service サービス制御メッセージ定数
定数 説明
WIN32_SERVICE_CONTROL_CONTINUE 0x00000003 停止中のサービスに再開を指示します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_DEVICEEVENT 0x0000000B
WIN32_SERVICE_CONTROL_HARDWAREPROFILECHANGE 0x0000000C
WIN32_SERVICE_CONTROL_INTERROGATE 0x00000004 現状の情報をサービス制御マネージャーに報告するようサービスに指示します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDADD 0x00000007 バインドする新しいコンポーネントがあった場合、ネットワークサービスに通知します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDDISABLE 0x0000000A バインドされているコンポーネントが無効にされた場合、ネットワークサービスに通知します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDENABLE 0x00000009 無効にされていたバインディングが有効になった場合、ネットワークサービスに通知します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDREMOVE 0x00000008 バインドされているコンポーネントが削除された場合、ネットワークサービスに通知します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_PARAMCHANGE 0x00000006 起動時のパラメータが変更されたことをサービスに通知します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_PAUSE 0x00000002 サービスに停止するよう指示します。
WIN32_SERVICE_CONTROL_POWEREVENT 0x0000000D
WIN32_SERVICE_CONTROL_PRESHUTDOWN 0x0000000F サービスに、システムのシャットダウンを通知します。 この通知を処理するサービスは、サービスが終了するかあるいはシャットダウン前のタイムアウトに達するまで システムのシャットダウンを待機させることができます。 この値は、Windows Server 2003 および Windows XP/2000 以降では使えません。
WIN32_SERVICE_CONTROL_SESSIONCHANGE 0x0000000E
WIN32_SERVICE_CONTROL_SHUTDOWN 0x00000005 サービスに、システムがシャットダウンするので後始末をするよう通知します。 サービスがこの制御コードを受け付けた場合は、 後始末のタスクを終えてからサービスを終了しなければなりません。 SCM がこの制御コードを送った後は、他の制御コードを送ることはできません。
WIN32_SERVICE_CONTROL_STOP 0x00000001 サービスに終了するよう指示します。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top