PHP 5.6.0beta1 released

oci_fetch

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_fetchクエリの次の行を内部バッファに取得する

説明

bool oci_fetch ( resource $statement )

クエリの次の行を内部バッファに取得します。このバッファへは oci_result() でアクセスできます。あるいは、 oci_define_by_name() で事前に定義した変数を使ってアクセスすることもできます。

データの取得に関する全般的な情報は oci_fetch_array() を参照ください。

パラメータ

statement

oci_parse() で作成して oci_execute() で実行した有効な OCI8 ステートメント ID、 あるいは REF CURSOR ステートメント ID。

返り値

成功した場合に TRUEstatement にもう行がない場合に FALSE を返します。

例1 oci_fetch() での定義済みの変数の使用

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$sql 'SELECT location_id, city FROM locations WHERE location_id < 1200';
$stid oci_parse($conn$sql);

// 実行前に定義しておく必要があります
oci_define_by_name($stid'LOCATION_ID'$locid);
oci_define_by_name($stid'CITY'$city);

oci_execute($stid);

// フェッチするたびに、次の行のデータが定義済みの変数に格納されます
while (oci_fetch($stid)) {
    echo 
"Location id $locid is $city<br>\n";
}

// 表示:
//   Location id 1000 is Roma
//   Location id 1100 is Venice

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例2 oci_fetch()oci_result() の使用例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$sql 'SELECT location_id, city FROM locations WHERE location_id < 1200';
$stid oci_parse($conn$sql);
oci_execute($stid);

while (
oci_fetch($stid)) {
    echo 
oci_result($stid'LOCATION_ID') . " is ";
    echo 
oci_result($stid'CITY') . "<br>\n";
}

// 表示:
//   1000 is Roma
//   1100 is Venice

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

注意

注意:

Oracle Database 12c の暗黙の結果セットからの行は返しません。 代わりに oci_fetch_array() を使いましょう。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top