PHPCon Poland 2024

例1 リクエストの取り消し

<?php
/* eio_nop() が終わったら呼ばれます */
function my_nop_cb($data, $result) {
echo
"my_nop ", $data, "\n";
}

// この eio_nop() の呼び出しは取り消されます
$req = eio_nop(EIO_PRI_DEFAULT, "my_nop_cb", "1");
var_dump($req);
eio_cancel($req);

// この eio_nop() は処理されます
eio_nop(EIO_PRI_DEFAULT, "my_nop_cb", "2");

// リクエストを処理します
eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

resource(4) of type (EIO Request Descriptor)
my_nop 2
 

例2 eio_chmod() の呼び出し

<?php
$temp_filename
= dirname(__FILE__) ."/eio-temp-file.tmp";
touch($temp_filename);

/* eio_chmod() が終わったら呼ばれます */
function my_chmod_callback($data, $result) {
global
$temp_filename;

if (
$result == 0 && !is_readable($temp_filename) && is_writable($temp_filename)) {
echo
"eio_chmod_ok";
}

@
unlink($temp_filename);
}

eio_chmod($temp_filename, 0200, EIO_PRI_DEFAULT, "my_chmod_callback");
eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

eio_chmod_ok
 

例3 カスタムリクエストの作成

<?php
/* カスタムコールバック */
function my_custom_callback($data, $result) {
var_dump($data);
var_dump(count($result));
var_dump($result['data_modified']);
var_dump($result['result']);
}

/* カスタムリクエスト */
function my_custom($data) {
var_dump($data);

$result = array(
'result' => 1001,
'data_modified' => "my custom data",
);

return
$result;
}

$data = "my_custom_data";
$req = eio_custom("my_custom", EIO_PRI_DEFAULT, "my_custom_callback", $data);
var_dump($req);
eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

resource(4) of type (EIO Request Descriptor)
string(14) "my_custom_data"
string(14) "my_custom_data"
int(2)
string(14) "my custom data"
int(1001)
 

例4 リクエストのグループ化

<?php
/*
* ファイルを開き、読んでから閉じるグループリクエストを作ります
*/

$temp_filename = dirname(__FILE__) ."/eio-file.tmp";
$fp = fopen($temp_filename, "w");
fwrite($fp, "some data");
fclose($fp);

/* グループリクエストが終了したときに呼ばれます */
function my_grp_done($data, $result) {
global
$temp_filename;
var_dump($result == 0);
@
unlink($temp_filename);
}

/* eio_open() が終わったら呼ばれます */
function my_grp_file_opened_callback($data, $result) {
global
$my_file_fd, $grp;

$my_file_fd = $result;

var_dump($result > 0);

// eio_read() リクエストを作ってグループに追加します
$req = eio_read($my_file_fd, 4, 0, EIO_PRI_DEFAULT, "my_grp_file_read_callback");
eio_grp_add($grp, $req);
}

/* eio_read() が終わったら呼ばれます */
function my_grp_file_read_callback($data, $result) {
global
$my_file_fd, $grp;

var_dump($result);

// eio_close() リクエストを作ってグループに追加します
$req = eio_close($my_file_fd);
eio_grp_add($grp, $req);
}

$grp = eio_grp("my_grp_done", "my_grp_data");

// eio_open() リクエストを作ってグループに追加します
$req = eio_open($temp_filename, EIO_O_RDWR | EIO_O_APPEND , NULL,
EIO_PRI_DEFAULT, "my_grp_file_opened_callback", NULL);
eio_grp_add($grp, $req);
var_dump($grp);

eio_event_loop();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

resource(6) of type (EIO Group Descriptor)
bool(true)
string(4) "some"
bool(true)
 

例5 eio と libevent 拡張モジュールを組み合わせる

<?php
function my_eio_poll($fd, $events, $arg) {
/* libevent の設定があればここに書きます .. */
if (eio_nreqs()) {
eio_poll();
}
/* .. そしてここにも書きます */
}

function
my_nop_cb($d, $r) {
var_dump($r); var_dump($d);
}

$base = event_base_new();
$event = event_new();

$fd = eio_get_event_stream();
var_dump($fd);

eio_nop(EIO_PRI_DEFAULT, "my_nop_cb", "nop data");
eio_mkdir("/tmp/abc-eio-temp", 0750, EIO_PRI_DEFAULT, "my_nop_cb", "nop data");
/* その他の eio_* コール ... */


// イベントフラグを設定します
event_set($event, $fd, EV_READ /*| EV_PERSIST*/, "my_eio_poll", array($event, $base));

// イベントベースを設定します
event_base_set($event, $base);

// イベントを有効化します
event_add($event);

// イベントループを開始します
event_base_loop($base);

/* バッファつき libevent インターフェイスでも同様にできます */
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

int(3)
int(0)
string(8) "nop data"
int(0)
string(10) "mkdir data"
 

例6 eio と event 拡張モジュールを組み合わせる

<?php
$base
= new EventBase();

// eio ポーリングストリームを取得します
// この変数は、イベントループの実行中ずっと有効でなければいけないことに注意しましょう
$eio_stream = eio_get_event_stream();

// eio ポーリングストリームをイベントループにバインドします
$poll_event = new Event($base, $eio_stream, Event::READ, function () {
if (
eio_nreqs()) {
eio_poll();
}
});
$poll_event->add();

// eio ジョブを追加します
eio_nop(EIO_PRI_DEFAULT, function () {
echo
"eio_nop\n";
});

// イベントを追加します
$timer = Event::timer($base, function () {
echo
"2 seconds elapsed\n";
});
$timer->add(2);

// イベントをディスパッチします
$base->dispatch();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

eio_nop
2 seconds elapsed
 

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top