Mid-Atlantic Developer Conference

バンドルされている PHP の使用法

PHP は、Mac OS X バージョン 10.0.0 以降の Mac に標準添付されています。 デフォルトのウェブサーバーで PHP を有効にするには、Apache 設定ファイル httpd.conf で数行のコメントを解除する必要があります。 一方、CGICLI はデフォルトで有効になっています (ターミナルから簡単に利用できます)。

PHP を有効にするには以下の手順を使用してください。 これは、ローカルの開発環境を手早く設定する方法を示したものです。 常に PHP を最新バージョンに更新することを 強く推奨します。 多くのソフトウェアでは、新しいバージョンでは多くのバグが修正されています。 また機能追加もされています。PHP も同様です。 詳細は、適切な macOS インストールドキュメントを参照ください。 以下の手順は初心者を対象としたもので、 まずデフォルトの設定で動作させるための手順を示しています。 すべてのユーザーが、新しいパッケージ版をコンパイルしてインストールすることを推奨します。

標準的なインストール方法は mod_php を使用するものです。macOS 上の Apache web server (デフォルトのウェブサーバーで、System Preferences からアクセスできます) 上に、mod_php を組み込むには次のようにします。

  1. Apache の設定ファイルを開きます。デフォルトでは /private/etc/apache2/httpd.conf にあります。 Finder あるいは Spotlight を使用してこれを見つけることは難しいでしょう。 このファイルはプライベート設定されており、その所有者は root ユーザーだからです。

    注意: Unix ベースのテキストエディタ、たとえば nano を用いて、ターミナルでこのファイルを開きます。このファイルの所有者は root なので、sudo コマンドを使用して (root として) 開く必要があります。つまり、ターミナル上で sudo nano /private/etc/apache2/httpd.conf と入力します (その後、パスワードを聞かれます)。 覚えておくべき nano コマンドは次のとおりです。^w (検索)、 ^o (保存) そして ^x (終了)。 ここで ^ は Ctrl キーを表します。

    注意: Mac OS X 10.5 より前のバージョンにバンドルされている PHP および Apache は、バージョンが古いものです。その場合、Apache の設定ファイルは /etc/httpd/httpd.conf となります。

  2. テキストエディタで、次のような行 (これらのふたつの行は並んでいないこともあります。 それぞれをファイル中で探してください) のコメントをはずします (# を削除します)。

    # LoadModule php5_module libexec/httpd/libphp5.so
    
    # AddModule mod_php5.c
    
    パスに注意しましょう。将来 PHP をビルドする際には 上のファイルは移動するかコメントアウトする必要があります。

  3. 指定した拡張子 (例: .php .html および .inc) が PHP でパースされるようにします。

    以下のような行が httpd.conf にあれば (Mac Panther 以降にはあります)、 PHP を有効にするだけで .php ファイルが自動的に PHP で処理されます。

    <IfModule mod_php5.c>
        # If php is turned on, we respect .php and .phps files.
        AddType application/x-httpd-php .php
        AddType application/x-httpd-php-source .phps
    
        # Since most users will want index.php to work we
        # also automatically enable index.php
        <IfModule mod_dir.c>
            DirectoryIndex index.html index.php
        </IfModule>
    </IfModule>
    

    注意:

    Mac OS X 10.5 (Leopard) より前のバージョンには PHP 5 ではなく PHP 4 がバンドルされています。その場合は、ここまでの説明にある 5 という部分を 4 に読み替えてください。

  4. DirectoryIndex でデフォルトインデックスファイルが読み込まれるようにします。 これも httpd.conf で設定します。典型的なパターンは index.php および index.html でしょう。デフォルトでは index.php が有効になります。上で見たような設定がすでにあるからです。 これを適切に調整しましょう。
  5. php.ini の場所を設定するか、デフォルトを使用します。 macOS におけるデフォルトの場所は /usr/local/php/php.ini で、 phpinfo() をコールするとこの情報を表示します。 php.ini を使用しない場合は、PHP はすべてデフォルト値を使用します。 php.ini ファイルはどこにおけばいいのですか? が、関連する FAQ です。
  6. DocumentRoot を配置あるいは設定します。 これは、すべてのウェブファイルのルートディレクトリとなります。 このディレクトリ内のファイルはウェブサーバーで処理されるようになるので、 PHP ファイルは PHP でパースしてからブラウザに出力されます。 典型的なデフォルトのパスは /Library/WebServer/Documents ですが、これは httpd.conf で別の場所にすることができます。 また、各ユーザーの DocumentRoot/Users/yourusername/Sites となります。
  7. phpinfo() ファイルを作成します。

    phpinfo() 関数は、PHP についての情報を表示します。 DocumentRoot 内に、次のような PHP コードを含むファイルを作成してください。

    <?php phpinfo(); ?>

  8. Apache を再起動し、先ほど作成した PHP ファイルを読み込みます。

    再起動するには、シェルで sudo apachectl graceful を実行するか、あるいは macOS System Preferences で "Personal Web Server" オプションを使用して停止/起動します。 デフォルトでは、ローカルファイルをブラウザで読み込むには http://localhost/info.php のような URL を指定します。 あるいは、各ユーザーディレクトリの DocumentRoot の場合は http://localhost/~yourusername/info.php のようになります。

CLI (あるいは旧バージョンの CGI) は、php という名前で、おそらく /usr/bin/php にあります。 ターミナルを開き、PHP マニュアルの Open up the terminal, read the PHP をコマンドラインから使用する を読んだうえで php -v を実行してみましょう。 これは、PHP バイナリのバージョンを表示します。 phpinfo() をコールしても、この情報を取得できます。

add a note add a note

User Contributed Notes 6 notes

up
48
Anonymous
10 years ago
You only have to uncomment:
#LoadModule php5_module        libexec/apache2/libphp5.so

This is gone:
# AddModule mod_php5.c

The statement in 3 was changed to:
<IfModule mime_module>
    #
    # TypesConfig points to the file containing the list of mappings from
    # filename extension to MIME-type.
    #
    TypesConfig /private/etc/apache2/mime.types

    #
    # AddType allows you to add to or override the MIME configuration
    # file specified in TypesConfig for specific file types.
    #
    #AddType application/x-gzip .tgz
    #
    # AddEncoding allows you to have certain browsers uncompress
    # information on the fly. Note: Not all browsers support this.
    #
    #AddEncoding x-compress .Z
    #AddEncoding x-gzip .gz .tgz
    #
    # If the AddEncoding directives above are commented-out, then you
    # probably should define those extensions to indicate media types:
    #
    AddType application/x-compress .Z
    AddType application/x-gzip .gz .tgz

    #
    # AddHandler allows you to map certain file extensions to "handlers":
    # actions unrelated to filetype. These can be either built into the server
    # or added with the Action directive (see below)
    #
    # To use CGI scripts outside of ScriptAliased directories:
    # (You will also need to add "ExecCGI" to the "Options" directive.)
    #
    #AddHandler cgi-script .cgi

    # For type maps (negotiated resources):
    #AddHandler type-map var

    #
    # Filters allow you to process content before it is sent to the client.
    #
    # To parse .shtml files for server-side includes (SSI):
    # (You will also need to add "Includes" to the "Options" directive.)
    #
    #AddType text/html .shtml
    #AddOutputFilter INCLUDES .shtml
</IfModule>

Extra MIME types can either be added to the file /private/etc/apache2/mime.types or by using an AddType directive as commented on above.
up
8
Julee
6 years ago
To work on Mac OS X Lion 10.7, I had to change /private/etc/php.ini.default to /private/etc/php.ini
up
-1
cweiske at cweiske dot de
4 years ago
On recent (10.8/10.9) macs, the apache php config file is located at /etc/apache2/others/php5.conf
up
-1
jaffle
10 years ago
Additionally, it seems that the default installation of php on Mac OS X (10.5 tested) does not point to the default location of the mysql.sock file that is installed in a standard MySQL 5.0 installation.

This prevents php working with locally hosted MySQL databases.

Adding the following line to the /private/etc/apache2/other/php5.conf file did the trick:

php_value mysql.default_socket /tmp/mysql.sock

(make sure you put it in between the </IfModule> statements)
up
-3
parampal
4 years ago
instead of step 3, add the following lines to the `/private/etc/apache2/mime.types` file

application/x-httpd-php                 php
application/x-httpd-php-source   phps
up
-15
sachin at dharmapurikar dot in
10 years ago
I am using MacOSX 10.5.4 and only enabling the mod_php5 wasn't enough to get the PHP support. I had to add following block before I could use php on machine -

<IfModule mod_php5.c>
    # If php is turned on, we respect .php and .phps files.
    AddType application/x-httpd-php .php
    AddType application/x-httpd-php-source .phps

    # Since most users will want index.php to work we
    # also automatically enable index.php
    <IfModule mod_dir.c>
        DirectoryIndex index.html index.php
    </IfModule>
</IfModule>
To Top