PHP 7.4.0 alpha 3 Released

Windows 上での PHP の手動インストール

ウェブサーバーの選択

  • IIS は Windows に標準で組み込まれています。 Windows サーバーの場合は、サーバーマネージャーを使って IIS ロールを追加します。CGI ロールを含めることを忘れないようにしましょう。 Windows デスクトップの場合は、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を使って IIS を追加します。» https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms181052%28v=vs.80%29.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396 を参照ください。 デスクトップウェブアプリケーションやウェブ開発の場合は、IIS/Express や PHP Desktop も使えます。

    例1 IIS と PHP の設定をするためのコマンドライン

        
        @echo off
    
        REM download .ZIP file of PHP build from http://windows.php.net/downloads/
        REM
        REM path to directory you decompressed PHP .ZIP file into
    set phpdir=c:\php
    set phppath=php-5.6.19-nts-Win32-VC11-x86
    
    REM Clear current PHP handlers
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd clear config /section:system.webServer/fastCGI
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd set config /section:system.webServer/handlers /-[name='PHP_via_FastCGI']
    
    REM Set up the PHP handler
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd set config /section:system.webServer/fastCGI /+[fullPath='%phpdir%\%phppath%\php-cgi.exe']
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd set config /section:system.webServer/handlers /+[name='PHP_via_FastCGI',path='*.php',verb='*',modules='FastCgiModule',scriptProcessor='%phpdir%\%phppath%\php-cgi.exe',resourceType='Unspecified']
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd set config /section:system.webServer/handlers /accessPolicy:Read,Script
    
    REM Configure FastCGI Variables
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd set config -section:system.webServer/fastCgi /[fullPath='%phpdir%\%phppath%\php-cgi.exe'].instanceMaxRequests:10000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config -section:system.webServer/fastCgi /+"[fullPath='%phpdir%\%phppath%\php-cgi.exe'].environmentVariables.[name='PHP_FCGI_MAX_REQUESTS',value='10000']"
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config -section:system.webServer/fastCgi /+"[fullPath='%phpdir%\%phppath%\php-cgi.exe'].environmentVariables.[name='PHPRC',value='%phpdir%\%phppath%\php.ini']"
    
    
    IIS を手動で設定する方法

  • Windows 用の Apache2 のビルドには、いくつかの種類があります。 PHP が公式にサポートするのは ApacheLounge ですが、それ以外にも XAMPP や WampServer や BitNami といったものがあり、これらはインストーラがついています。 PHP を Apache に読み込みには、mod_php あるいは mod_fastcgi を用います。 mod_php を使う場合は、スレッドセーフ版の Apache を使う必要があります。また、同じバージョンの Visual C、同じ CPU (x86 あるいは x64) のビルドでなければいけません。 Apache2 を手動で設定する方法

ビルド方法の選択

PHP のリリースは » http://windows.php.net/download/ からダウンロードできます。 これまでのスナップショットリリースや QA リリースで数多くのテストや最適化がなされていますが、さらに手助けしてくださるのも大歓迎です。 PHP には四種類のビルドがあります。

  • Thread-Safe(TS) - Apache と mod_php のような、シングルプロセスのウェブサービス用

  • Non-Thread-Safe(NTS) - IIS やその他の FastCGI ウェブサーバー (Apache と mod_fastcgi など) 用。また、コマンドラインのスクリプト用にもおすすめ。

  • x86 - PHP 5.5、5.6、7.0 の実運用環境用。

  • x64 - PHP 7.0+ の実運用環境用 (ただし、32ビット版のWindowsでは使えない)。5.5 と 5.6 の x64 版は実験的なもの。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top