Dutch PHP Conference 2021 - Call for Papers

PHP タグ

PHP はファイルを解析して開始タグと終了タグ (<?php?>) を探します。 タグが見つかると、PHP はコードの実行を開始したり終了したりします。 このような仕組みにより、PHP を他のあらゆる形式のドキュメント中に 埋め込むことができるのです。つまり、開始タグと終了タグで囲まれている 箇所以外のすべての部分は、PHP パーサに無視されます。

PHP では、短い形式のechoタグ <?= も使えます。 これは、より冗長な <?php echo を短くしたものです。

例1 PHP の開始タグと終了タグ

1.  <?php echo 'XHTMLまたはXMLドキュメントの中でPHPコードを扱いたい場合は、このタグを使いましょう'?>

2.  短縮型の echo タグを使って <?= 'この文字列を表示' ?> とすることもできます。
    これは <?php echo 'この文字列を表示' ?> と同じ意味になります。

3.  <? echo 'このコードは短縮型のタグに囲まれていますが、'.
            'short_open_tag が有効な場合にしか動作しません'; ?>

短縮型のタグ(例 3.)はデフォルトで有効ですが、 php.ini 設定ファイルのディレクティブ short_open_tag で無効にすることもできますし、 --disable-short-tags オプション付きで configure した場合は、 デフォルトで無効にすることも出来ます。

注意:

短縮形のタグは無効にすることができるので、 互換性を最大限保つために、通常のタグ (<?php ?> and <?= ?>) を使うことを推奨します。

ファイルが PHP コードのみを含む場合は、ファイルの最後の終了タグは省略するのがおすすめです。 終了タグの後に余分な空白や改行があると、予期せぬ挙動を引き起こす場合があるからです。 余分な空白や改行のせいで PHP が出力バッファリングを開始し、その時点の内容を意図せず出力してしまうことになります。

<?php
echo "みなさん、こんにちは";

// ... いろんなコードたち

echo "最後のごあいさつ";

// PHP 終了タグを書かずに、ここでスクリプトを終わります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top