CollectionAdd::__construct

(No version information available, might only be in Git)

CollectionAdd::__constructCollectionAdd のコンストラクタ

説明

private mysql_xdevapi\CollectionAdd::__construct ( void )

コレクションにドキュメントを追加するために使います。 ;コレクションオブジェクトから呼び出されます。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

例1 mysql_xdevapi\CollectionAdd::__construct() の例

<?php
$session 
mysql_xdevapi\getSession("mysqlx://user:password@localhost");
$session->sql("DROP DATABASE IF EXISTS addressbook")->execute();
$session->sql("CREATE DATABASE addressbook")->execute();

$schema $session->getSchema("addressbook");
$create $schema->createCollection("people");

$collection $schema->getCollection("people");

// ドキュメントをふたつ追加
$collection
  
->add('{"name": "Fred",  "age": 21, "job": "Construction"}')
  ->
execute();

$collection
  
->add('{"name": "Wilma", "age": 23, "job": "Teacher"}')
  ->
execute();

// 単一のJSONオブジェクトを使い、ドキュメントをふたつ追加
$result $collection
  
->add(
    
'{"name": "Bernie",
      "jobs": [{"title":"Cat Herder","Salary":42000}, {"title":"Father","Salary":0}],
      "hobbies": ["Sports","Making cupcakes"]}'
,
    
'{"name": "Jane",
      "jobs": [{"title":"Scientist","Salary":18000}, {"title":"Mother","Salary":0}],
      "hobbies": ["Walking","Making pies"]}'
)
  ->
execute();

// 最後の add() から生成された ID のリストを取得
$ids $result->getGeneratedIds();
print_r($ids);

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => 00005b6b53610000000000000056
    [1] => 00005b6b53610000000000000057
)

注意

注意:

例で示したように、MySQL 8.0 以上では、ユニークな _id が生成されます。 _id フィールドは、MySQLサーバ 5.7 を使っている場合、手動で定義しなければなりません。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top