COMPersistHelper::SaveToFile

(PHP 5, PHP 7)

COMPersistHelper::SaveToFileオブジェクトをファイルに保存する

説明

public COMPersistHelper::SaveToFile ( string|null $filename , bool $remember = true ) : bool

オブジェクトのコピーを指定されたファイルに保存します

パラメータ

filename
オブジェクトを保存するファイル名
remember
filename パラメータを現在作業中のファイルに使うかを指定します。 true を指定すると、 filename は現在作業中のファイルに指定され、 保存された後にダーティーフラグがクリアされます。 false を指定すると、保存する操作は "ファイルに名前を付けて保存" する操作になります。 この場合、現在のファイルは変更されず、オブジェクトのダーティーフラグはクリアされません。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

エラー / 例外

関連付けられたオブジェクトが COM のインターフェイス IPersistFile を実装していないか、 IPersistFile::Save() の呼び出しに失敗した場合、 com_exception がスローされます。

例1 COMPersistHelper::saveToFile() の基本的な使い方

<?php
$word 
= new COM('Word.Application');
$doc $word->Documents->Add();
$ph = new COMPersistHelper($doc);
$ph->SaveToFile('C:\\Users\\cmb\\Documents\\my.docx');
$word->Quit();
?>
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top