PHP 7.2.25 Released

インストール手順

設定オプション --enable-dba=shared を使用することにより、dbm 形式のデータベースをサポートする動的に ロード可能なモジュールを有効にして PHP を構築することができます。 また、PHP の configure 行に設定スイッチ --with-XXXX を指定することにより、少なくとも以下のハンドラの一つのサポートを 追加する必要があります。

警告

PHP の configuring とコンパイルを済ませたら、コマンドラインから次の テストを実行する必要があります: php run-tests.php ext/dba これは、指定したハンドラの組み合わせが動作するかどうかを調べます。 いちばん問題のあるのは dbmndbm の組み合わせで、これらは多くの場合何らかの衝突を引き起こします。 その原因は、いくつかのシステムではこれらのライブラリが他のライブラリの 一部となっていることで。configure 時のテストでは個々のハンドラについての 設定不備は調べられますが、それらの組み合わせについてはテストできません。

サポートされるDBAハンドラ
ハンドラ configure のスイッチ
dbm dbm のサポートを有効にするには、 --with-dbm[=DIR] を追加します。

注意:

dbm は一般的にはラッパーで、しばしば失敗を引き起こします。 その動作をしっかり把握しており、ほんとうにそれを必要とする場合のみ dbm を使用するようにすべきです。

ndbm ndbm のサポートを有効にするには、 --with-ndbm[=DIR] を追加します。

注意:

ndbm は一般的にはラッパーで、しばしば失敗を引き起こします。 その動作をしっかり把握しており、ほんとうにそれを必要とする場合のみ ndbm を使用するようにすべきです。

gdbm gdbm のサポートを有効にするには、 --with-gdbm[=DIR] を追加します。
db2 Oracle Berkeley DB のサポートを有効にするには、 --with-db2[=DIR] を追加します。

注意:

db2 は db3 および db4 とは同時に使えません。

db3 Oracle Berkeley DB 3 のサポートを有効にするには、 --with-db3[=DIR] を追加します。

注意:

db3 は db2 および db4 とは同時に使えません。

db4 Oracle Berkeley DB 4 あるいは 5 のサポートを有効にするには、 --with-db4[=DIR] を追加します。

注意:

db4 は db2 および db3 とは同時に使えません。

注意:

この db4 オプションは PHP 4.3.2 で追加されました。これ以前のバージョンでは、 --with-db3=DIR を使用し、 DIR に db4 ライブラリのパスを指定する必要する必要があります。 バージョン 4.3.0 より前の PHP では、4.1 以降のバージョンの db を使用することはできません。また、バージョン 4.1 から 4.1.24 までの db ライブラリは、どの PHP のバージョンでも利用できません。

BDB 5 のサポートは PHP 5.3.3 で追加されました。

cdb cdb のサポートを有効にするには、 --with-cdb[=DIR] を追加します。

注意:

PHP 4.3.0 以降、付属する cdb ライブラリを使用するために DIR を省略することができます。この場合、cdb_make ハンドラが追加されます。 これにより cdb ファイルを作成したり、PHPのストリームを用いて ネットワーク上の cdb ファイルにアクセスできるようになります。

flatfile flatfile のサポートを有効にするには、 --with-flatfile を追加します。

注意:

これは、古い dbm 拡張モジュール との互換性のために PHP 4.3.0 で追加されました。 このハンドラは、他のハンドラで必要とされるライブラリをひとつも インストールすることができない場合、そして、付属する cdb ハンドラを使用することができない場合にのみ使用してください。

inifile inifile のサポートを有効にするには、 --with-inifile を追加します。

注意:

これは PHP 5.0.0 で追加されました。これにより Microsoft 形式の .ini ファイル(php.ini のような)を 読み書きできるようになります。

qdbm qdbm のサポートを有効にするには、 --with-qdbm[=DIR] を追加します。

注意:

qdbm は dbm および gdbm とは同時に使えません。

注意:

これは PHP 5.0.0 で追加されました。qdbm ライブラリは » http://fallabs.com/qdbm/index.html にあります。

tcadb

Tokyo Cabinet のサポートを有効にするには、 --with-tcadb[=DIR] を追加します。

注意:

これは PHP 5.4.0 で追加されました。Tokyo Cabinet ライブラリは » http://fallabs.com/tokyocabinet/ にあります。

注意:

PHP 4.3.0 までは、db2 および db3 ハンドラの両方を追加することが できましたが、内部的に使用できるのは片方だけでした。 これは、両方のファイル形式を使用することができないことを意味します。 PHP 5.0.0 以降、このような設定ミスを回避するよう設定の確認が行われます。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top