PHP 7.4.0RC6 Released!

mysqlndプラグインの開発をはじめよう

mysqlndプラグイン それ自体が PHPエクステンション であることを覚えておくことが重要です。

次のコードは、典型的な mysqlnd プラグインで使われる MINIT 関数の基本構造を示します。

/* my_php_mysqlnd_plugin.c */

 static PHP_MINIT_FUNCTION(mysqlnd_plugin) {
  /* globals, ini entries, resources, classes */

  /* register mysqlnd plugin */
  mysqlnd_plugin_id = mysqlnd_plugin_register();

  conn_m = mysqlnd_get_conn_methods();
  memcpy(org_conn_m, conn_m,
    sizeof(struct st_mysqlnd_conn_methods));

  conn_m->query = MYSQLND_METHOD(mysqlnd_plugin_conn, query);
  conn_m->connect = MYSQLND_METHOD(mysqlnd_plugin_conn, connect);
}
/* my_mysqlnd_plugin.c */

 enum_func_status MYSQLND_METHOD(mysqlnd_plugin_conn, query)(/* ... */) {
  /* ... */
}
enum_func_status MYSQLND_METHOD(mysqlnd_plugin_conn, connect)(/* ... */) {
  /* ... */
}

タスクの解析: C言語からユーザースペースへ

 class proxy extends mysqlnd_plugin_connection {
  public function connect($host, ...) { .. }
}
mysqlnd_plugin_set_conn_proxy(new proxy());

プロセス:

  1. PHP: ユーザーがプラグインのコールバックを登録する

  2. PHP: ユーザーがMySQLに接続するため、任意の PHP MySQL API を呼び出す

  3. C: ext/*mysql* が mysqlnd のメソッドを呼び出す

  4. C: mysqlnd が ext/mysqlnd_plugin の中で終了する

  5. C: ext/mysqlnd_plugin

    1. ユーザースペースで登録されたコールバックを呼び出す

    2. また、ユーザースペースのコールバックが登録されていない場合は、mysqlnd のメソッドを呼び出す。

次のことを実行する必要があります:

  1. "mysqlnd_plugin_connection" というクラスを C言語で書く

  2. "mysqlnd_plugin_set_conn_proxy()" 関数を使って、プロキシオブジェクトを受け入れ、登録する

  3. C言語から、ユーザースペースへのプロキシメソッドを呼び出す (最適化 - zend_interface.h)

ユーザースペースのオブジェクトメソッドは、call_user_function() を使うか、zend_call_method() を使って Zend Engine に近いレベルで操作を行うことができます。

最適化: C言語から zend_call_method を使ってメソッドを呼び出す

次に示すコードの断片は、zend_call_method のプロトタイプを示しています。これは zend_interface.h からとってきたものです。

 ZEND_API zval* zend_call_method(
  zval **object_pp, zend_class_entry *obj_ce,
  zend_function **fn_proxy, char *function_name,
  int function_name_len, zval **retval_ptr_ptr,
  int param_count, zval* arg1, zval* arg2 TSRMLS_DC
);

Zend API は2つの引数しかサポートしていません。それ以上必要な場合は、たとえば次のようにします。

 enum_func_status (*func_mysqlnd_conn__connect)(
  MYSQLND *conn, const char *host,
  const char * user, const char * passwd,
  unsigned int passwd_len, const char * db,
  unsigned int db_len, unsigned int port,
  const char * socket, unsigned int mysql_flags TSRMLS_DC
);

この問題に対処するには、zend_call_method() のコピーを作り、追加の引数の入れ物を追加する必要があるでしょう。これは、MY_ZEND_CALL_METHOD_WRAPPER マクロの組を作ることで実現できます。

PHP のユーザースペースを呼び出す

以下のコードは、C言語からユーザースペースの関数を呼ぶための最適化されたやり方を示しています:

 
/* my_mysqlnd_plugin.c */

MYSQLND_METHOD(my_conn_class,connect)(
  MYSQLND *conn, const char *host /* ... */ TSRMLS_DC) {
  enum_func_status ret = FAIL;
  zval * global_user_conn_proxy = fetch_userspace_proxy();
  if (global_user_conn_proxy) {
    /* call userspace proxy */
    ret = MY_ZEND_CALL_METHOD_WRAPPER(global_user_conn_proxy, host, /*...*/);
  } else {
    /* or original mysqlnd method = do nothing, be transparent */
    ret = org_methods.connect(conn, host, user, passwd,
          passwd_len, db, db_len, port,
          socket, mysql_flags TSRMLS_CC);
  }
  return ret;
}

ユーザースペースを呼び出す: 引数が一つの場合

/* my_mysqlnd_plugin.c */

 MYSQLND_METHOD(my_conn_class,connect)(
  /* ... */, const char *host, /* ...*/) {
  /* ... */
  if (global_user_conn_proxy) {
    /* ... */
    zval* zv_host;
    MAKE_STD_ZVAL(zv_host);
    ZVAL_STRING(zv_host, host, 1);
    MY_ZEND_CALL_METHOD_WRAPPER(global_user_conn_proxy, zv_retval, zv_host /*, ...*/);
    zval_ptr_dtor(&zv_host);
    /* ... */
  }
  /* ... */
}

ユーザースペースを呼び出す: 構造体を引数にする場合

/* my_mysqlnd_plugin.c */

MYSQLND_METHOD(my_conn_class, connect)(
  MYSQLND *conn, /* ...*/) {
  /* ... */
  if (global_user_conn_proxy) {
    /* ... */
    zval* zv_conn;
    ZEND_REGISTER_RESOURCE(zv_conn, (void *)conn, le_mysqlnd_plugin_conn);
    MY_ZEND_CALL_METHOD_WRAPPER(global_user_conn_proxy, zv_retval, zv_conn, zv_host /*, ...*/);
    zval_ptr_dtor(&zv_conn);
    /* ... */
  }
  /* ... */
}

多くの mysqlnd のメソッドがはじめに引数としてとるのが C の "object" です。たとえば、 connect() メソッドのはじめの引数は MYSQLND構造体 へのポインタです。MYSQNND構造体 は、mysqlnd 接続オブジェクトを表現します。

mysqlnd接続オブジェクトへのポインタは、標準のI/Oファイルハンドルと比較できます。標準の I/Oファイルハンドルのように mysqlnd接続オブジェクトは PHP のリソース変数タイプを使ってユーザースペースに結びついていなければならないのです。

C言語とユーザースペースを行き来する

 class proxy extends mysqlnd_plugin_connection {
  public function connect($conn, $host, ...) {
    /* "pre" hook */
    printf("Connecting to host = '%s'\n", $host);
    debug_print_backtrace();
    return parent::connect($conn);
  }

  public function query($conn, $query) {
    /* "post" hook */
    $ret = parent::query($conn, $query);
    printf("Query = '%s'\n", $query);
    return $ret;
  }
}
mysqlnd_plugin_set_conn_proxy(new proxy());

PHP ユーザーは、オーバーライドしたメソッドの親の実装を呼び出し可能にしなければいけません。

継承することで、ユーザーが選択したメソッドだけを改善し、"pre" や "post" フックを持たせるかどうかを選択できます。

ビルトインのクラス: mysqlnd_plugin_connection::connect()

/*  my_mysqlnd_plugin_classes.c */

 PHP_METHOD("mysqlnd_plugin_connection", connect) {
  /* ... simplified! ... */
  zval* mysqlnd_rsrc;
  MYSQLND* conn;
  char* host; int host_len;
  if (zend_parse_parameters(ZEND_NUM_ARGS() TSRMLS_CC, "rs",
    &mysqlnd_rsrc, &host, &host_len) == FAILURE) {
    RETURN_NULL();
  }
  ZEND_FETCH_RESOURCE(conn, MYSQLND* conn, &mysqlnd_rsrc, -1,
    "Mysqlnd Connection", le_mysqlnd_plugin_conn);
  if (PASS == org_methods.connect(conn, host, /* simplified! */ TSRMLS_CC))
    RETVAL_TRUE;
  else
    RETVAL_FALSE;
}
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top