PHP 8.1.15 Released!

インストール手順

PCRE は PHP のコア拡張モジュールなので、常に有効となっています。 デフォルトでは、この拡張モジュールのコンパイルには、バンドルされている PCRE ライブラリを利用します。別の PCRE ライブラリを使ってコンパイルする場合は、オプション --with-pcre-regex=DIR を利用します。 このとき DIR には、PCRE のインクルードファイルやライブラリファイルがある場所を指定します。 PCRE 8.10 以降を使うことを推奨します。PHP 7.3.0 以降では、PCRE2 が必須になっています。

PCRE の JIT(ジャストインタイムコンパイル) 機能はデフォルトでサポートされています。 PHP 7.0.12 以降では、--without-pcre-jit 構成オプションで無効化できます。

Windows 版の PHP には この拡張モジュールのサポートが組み込まれています。これらの関数を使用 するために拡張モジュールを追加でロードする必要はありません。

PCRE は活発なプロジェクトであり、変化し続けています。 PHP で使える機能もそれに依存しています。 PHP のドキュメントも部分的に時代遅れになっている可能性があり、 PCRE の最新機能は網羅できていないかもしれません。 変更点の一覧は、 » PCRE ライブラリの変更履歴 を参照ください。また、バンドルされている PCRE の履歴も参考になるでしょう。

バンドルされている PCRE ライブラリの更新履歴
PHP バージョン PCRE バージョン 備考
8.2.0 10.40  
8.1.0 10.39  
7.4.12, 8.0.0 10.35  
7.4.6 10.34  
7.4.0 10.33  
7.3.0 10.32  
7.2.0 8.41  
7.0.3 8.38 See CVE-2015-8383, CVE-2015-8386, CVE-2015-8387, CVE-2015-8389, CVE-2015-8390, CVE-2015-8391, CVE-2015-8393, CVE-2015-8394
7.0.0 8.37 See CVE-2015-2325, CVE-2015-2326

add a note

User Contributed Notes 1 note

up
1
Lrinczy Zsigmond
4 years ago
From PHP version 7.3, 'pcre2' is used instead of 'pcre'. It is bundled with the PHP source, or a preinstalled pcre2 can be used if it was compiled with these configure-options:

--enable-shared --enable-unicode --enable-jit

If you want to use preinstalled pcre2 with PHP, use configure-options --with-pcre-dir=<path> and --with-pcre-regex=<path> (I don't know why there is two of them).
To Top