PHP 8.1.0 Alpha 1 available for testing

定義済み定数

以下の定数は、PHP コアに含まれており、常に利用可能です。

CASE_LOWER (int)
CASE_LOWERは、 array_change_key_case()で使用され、 配列のキーを小文字に変換するために使用されます。小文字は、 array_change_key_case()のデフォルトのケースで もあります。
CASE_UPPER (int)
CASE_UPPERは、 array_change_key_case()で使用され、配列のキー を大文字に変換するために使用されます。

ソース順のフラグ:

SORT_ASC (int)
SORT_ASCは、 array_multisort()でソート順を昇順にするために 使用されます。
SORT_DESC (int) (integer)
SORT_DESCは、 array_multisort()でソート順を降順にするために 使用されます。

ソート型のフラグ: 種々のソート関数で使用されます

SORT_REGULAR (int)
SORT_REGULARは通常の比較するために使用され ます。
SORT_NUMERIC (int)
SORT_NUMERICは数値で比較を行うために使用さ れます。
SORT_STRING (int)
SORT_STRINGは文字列として比較を行うために使 用されます。
SORT_LOCALE_STRING (int)
SORT_LOCALE_STRINGは現在のロケールに基づいた 文字列として比較を行うために使用されます。
SORT_NATURAL (int)
SORT_NATURAL は、要素の比較を文字列として行い、 natsort() と同様の「自然順」で比較します。
SORT_FLAG_CASE (int)
SORT_FLAG_CASESORT_STRINGSORT_NATURAL と (ビット OR で) 組み合わせて使い、 文字列のソートで大文字小文字を区別しないようにします。

フィルターのフラグ

ARRAY_FILTER_USE_KEY (int)
ARRAY_FILTER_USE_KEYarray_filter() で使うもので、 各キーをコールバック関数の最初の引数として渡すよう指示します。
ARRAY_FILTER_USE_BOTH (int)
ARRAY_FILTER_USE_BOTHarray_filter() で使うもので、 値とキーの両方をコールバック関数の引数として渡すよう指示します。

COUNT_NORMAL (int)
COUNT_RECURSIVE (int)
EXTR_OVERWRITE (int)
EXTR_SKIP (int)
EXTR_PREFIX_SAME (int)
EXTR_PREFIX_ALL (int)
EXTR_PREFIX_INVALID (int)
EXTR_PREFIX_IF_EXISTS (int)
EXTR_IF_EXISTS (int)
EXTR_REFS (int)
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top