PHP 7.4.24 Released!

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

CAL_EASTER_DEFAULT (int)
easter_days() で、1753年より前はユリウス暦に従って、 それ以降はグレゴリオ暦に従って復活祭の日付を計算する。
CAL_EASTER_ROMAN (int)
easter_days() で、1583年より前はユリウス暦に従って、 それ以降はグレゴリオ暦に従って復活祭の日付を計算する。
CAL_EASTER_ALWAYS_GREGORIAN (int)
easter_days() で、先発グレゴリオ暦に従って、 復活祭の日付を計算する。
CAL_EASTER_ALWAYS_JULIAN (int)
easter_days() で、ユリウス暦に従って、 復活祭の日付を計算する。
CAL_GREGORIAN (int)
cal_days_in_month()cal_from_jd()cal_info() および cal_to_jd() で、先発グレゴリオ暦を使う。
CAL_JULIAN (int)
cal_days_in_month()cal_from_jd()cal_info() および cal_to_jd() で、ユリウス暦を使う。
CAL_JEWISH (int)
cal_days_in_month()cal_from_jd()cal_info() および cal_to_jd() で、ユダヤ暦を使う。
CAL_FRENCH (int)
cal_days_in_month()cal_from_jd()cal_info() および cal_to_jd() で、フランス革命暦を使う。
CAL_NUM_CALS (int)
利用可能なカレンダーの数。
CAL_JEWISH_ADD_ALAFIM_GERESH (int)
jdtojewish() で、年の桁区切りとして、 ゲレシュ記号(シングルクォートに似た記号)を追加する。
CAL_JEWISH_ADD_ALAFIM (int)
jdtojewish() で、年の桁区切りとして、 「alafim」という語を追加する。
CAL_JEWISH_ADD_GERESHAYIM (int)
jdtojewish() で、年と日の最後の文字の前に、 ゲルシャイム記号(ダブルクォートに似た記号)を追加する。
CAL_DOW_DAYNO (int)
jddayofweek() で、曜日を int で返す。 0 は日曜を、6 は土曜を意味する。
CAL_DOW_SHORT (int)
jddayofweek() で、曜日の省略形英語名を返す。
CAL_DOW_LONG (int)
jddayofweek() で、曜日の英語名を返す。
CAL_MONTH_GREGORIAN_SHORT (int)
jdmonthname() で、省略形のグレゴリオ歴月名を返す。
CAL_MONTH_GREGORIAN_LONG (int)
jdmonthname() で、グレゴリオ歴月名を返す。
CAL_MONTH_JULIAN_SHORT (int)
jdmonthname() で、省略形のユリウス歴月名を返す。
CAL_MONTH_JULIAN_LONG (int)
jdmonthname() で、ユリウス歴月名を返す。
CAL_MONTH_JEWISH (int)
jdmonthname() で、ユダヤ歴月名を返す。
CAL_MONTH_FRENCH (int)
jdmonthname() で、フランス革命歴月名を返す。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top